このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

市民トンボ調査

ページ番号:288-050-200

更新日:2019年6月3日


 市内のトンボの分布を調べます。みなさんの周りにトンボはいますか?トンボは種類によって、住んでいる場所、見られる季節が異なります。また、幼虫のヤゴが水の中で生活することから、良好な水環境の指標にもなります。トンボの調査を通じて、身の周りの自然について考えてみませんか。
(監修 松本むしの会 福本匡志氏)

調査期間

6月3日から9月30日まで

調査方法

調査の手順
1 発見 2 調査 3 報告
トンボを見つけた! 写真を撮る 日時と場所、種類などを報告
チラシ、ホームページで種類を確認

日時と場所、種類などを報告

報告対象となるトンボ

オニヤンマ

大きさ
体長9~11cm(メスの方が大きい)
腹長7~8cm
特徴
地色は黒く、腹節に細い黄色の横しまと、胸部などに
黄色の模様がある。日本で見られるトンボでは最大。
生息環境
少し日が陰るような小川や用水路の流水域上。

ギンヤンマ

大きさ
体長7.4~8.2cm 腹長5~5.8cm
特徴
頭と胸が黄緑色で、腹部が黄褐色をしている。
オスとメスは胸部と腹部の境界の色が異なる。
オスは水色、メスは黄緑色である。
生息環境
明るい湖、池、田などの止水域か、
流れの緩い流水域上。

ハグロトンボ

大きさ
体長5.7~6.7cm
特徴
翅が黒いのが特徴で、名前の由来になっている。
オスは体色が全体的に黒く、緑色の金属光沢がある。
メスは黒褐色で光沢がない。草などにとまる際には
翅を閉じる。
生息環境
ヨシなどの挺水植物や、エビモ、バイカモなどの
沈水植物などが茂る緩やかな流れの周辺。

アオハダトンボ

大きさ
体長5.5~6.3cm
特徴
オスは翅が濃い青色で光沢があり、体色も青緑色
の金属光沢がある。メスは翅が黒く、翅の先に白い
斑紋があるが光沢がない。体色は緑黄色の金属
光沢がある。
生息環境
水生植物が多く、水のきれいな小川周辺。

シオカラトンボ

大きさ
体長5~5.5cm 腹長4.3cm程
特徴
オスは成熟するにつれて体が黒色となり、胸部
から腹部前方が灰白色の粉で覆われる。メスは
黄色の腹部に細く黒い模様が存在するので、
ムギワラトンボと呼ばれる。
生息環境
開けた池沼や流れの緩い小川、水田や公園
の池など人工の水域周辺。

アカトンボ類(アカネ属)

※写真は上がオス、下がメスです。
 アカトンボと言われるアカネ属のトンボはここに示した3種類以外にも多くの種類がいます。これ以外の見分けについては、下記のサイトの見分け方をご覧ください。

トンボには多くの種類がいます。これ以外のトンボでも見つけたらぜひ写真を撮って環境保全課へお送りください!

報告

報告方法

メール
 こちらからご送信ください(クリックするとメールが立ち上がります)
郵送
 〒390-8620
 松本市丸の内3-7
 松本市 環境部 環境保全課 環境保全係
ファクス
 0263-34-0400

報告いただく項目

1 お名前(ニックネーム不可)
2 ご連絡先(住所、電話番号、メールアドレスなど)
3 見つけた日時
4 見つけた場所(住所・地名や川辺・池・草むらといったまわりの様子)
  その他お気づきの点があれば記載してください。

ここまでは必ず報告してください。
以下は可能であれば御報告ください。

5 トンボの種類(オニヤンマ、シオカラトンボ など)
 ※トンボの色や飛び方などの報告もお待ちしています。
6 できればトンボの写真をお送りください。
7 トンボに関する思い出やエピソード、疑問
8 本調査をどこでお知りになったか

報告の際にご利用ください。
(必ずしも、この報告用紙を使う必要はありません)

トンボの発展学習

トンボを探しに行ってみませんか?どんなところにどんなトンボがいるのかご紹介します。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

環境部 環境保全課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(東庁舎4階)
電話:0263-34-3267

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。