このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

市民ツバメ調査

ページ番号:421-646-458

更新日:2018年9月26日

 平成30年4月1日から平成30年8月31日にかけて実施した「市民ツバメ調査」に多くの皆さまの御協力をいただきありがとうございました。
 調査結果をまとめましたので報告します。
(監修 信州野鳥の会 会長 上條恒嗣氏)

※報告期間は終了しました。

調査結果

調査報告件数 186件
報告者数 42人・団体

ツバメの内訳
種類 報告数
ツバメ 167件
イワツバメ 19件
186件

ツバメの巣マップ
ツバメの巣マップ

巣のあった方角
方角 報告数
28件
西 32件
41件
62件

ツバメが巣を作った方角
ツバメが巣を作った方角

調査から分かったこと

1 ツバメの巣の営巣方角は建物北側が一番多く報告されました。次の理由が考えられます。

  • 一般的に戸建住宅は南向きに建てることが多く、南北に軒がある。このためツバメが巣を作りやすい環境が南北方向に多かった。
  • 南側に比べて建物北側は温度変化が少なく、環境が安定していることがツバメに好まれた。

2 イワツバメは橋の下、学校など大きな建造物に巣を作る傾向があることがわかりました。
3 イワツバメは集団で巣を形成する性質があるため、報告数の割に多くの巣が報告されました。

数年後に調査を行うことで、今回の結果との変化を比較することができます。

お知らせ

 松本市では、今後も市民参加型の生物調査を実施していく予定です。来年度以降も、ぜひ御協力をお願いします。
 「こんな調査をやってみたい」という御意見や、「こんな生きものを見つけたよ」というご報告をお待ちしております。

ツバメの発展学習

ツバメはどこからやってくるか知っていますか?
ツバメの寿命を知っていますか?
意外と知らないツバメの特徴を紹介します。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

環境部 環境保全課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(東庁舎4階)
電話:0263-34-3267

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。