このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

フレッシュフードシェアで地元野菜を子どもたちへ

ページ番号:117-755-656

更新日:2021年7月20日

フレッシュフードシェアとは

 道の駅を運営する(株)今井恵みの里のご協力により、規格外の野菜等を地元農家さんから寄付いただき、子ども食堂へ届ける取組みです。
 これまで活用されなかった規格外野菜を活用することで食品ロスを削減するとともに、子どもの居場所づくり事業への支援を目的とし、令和元年9月に開始しました。
 現在は、毎月2回ほど開催しています。


【実績】
令和元年度 12回 1036.3kg
令和2年度 22回 1582.8kg

寄付いただいた野菜等、全量を子ども食堂等の活動で活用することができました。

フレッシュフードシェアの背景・ねらい


フレッシュフードシェアの流れ


 子ども食堂運営団体への連絡は、長野県が「松本地域子ども応援プラットフォーム」登録団体へ定期的に情報提供します。

お問い合わせ

環境エネルギー部 環境・地域エネルギー課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(東庁舎4階)
電話:0263-34-3268 FAX:0263-34-3202

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。