このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

残さず食べよう!30・10(さんまる いちまる)運動

ページ番号:845-236-274

更新日:2017年11月10日

お知らせ:第1回食品ロス削減全国大会開催を開催しました。

こんなに出ている食品ロス

 食べ物を捨ててしまうなんてもったいない!
 まだ食べられるのに捨てられてしまう「食品ロス」は、全国で年間621万トンもあると言われています。(農林水産省および環境省「平成26年度推計」)
 これは、世界全体の食料援助量(年間約320万トン)の約2倍にもなります。
 この食品ロスの問題も知ってもらい、減らしていくために、松本市では、「残さず食べよう!30・10(さんまる いちまる)運動」をはじめとする食品ロス削減の取り組みを推進しています。

おそとで「残さず食べよう!30・10(さんまる いちまる)運動」

飲食店等からの生ごみのうち、約6割がお客さんの食べ残した料理です。

会食、宴会時での食べ残しを減らすために、以下について取り組んでみましょう。

1 注文の際に適量を注文しましょう。
2 乾杯後30分間は席を立たず料理を楽しみましょう。
3 お開き前10分間は自分の席に戻って、再度料理を楽しみましょう。

ぜひ、職場の宴会から始めていただき、「もったいない」を心がけ、食品ロス削減の取組みにご協力ください。

松本市「残さず食べよう!」推進店・事業所認定制度~すすめよう!30・10運動~

 すすめよう!30・10運動。
 食べられるにもかかわらず捨てられてしまう食品ロスを「もったいない」の気持ちで事業者と行政が協力して減らすことにより、本市における一般廃棄物の減少を図るため、食品ロス削減を推進する飲食店、宿泊施設等又は事業所等を「残さず食べよう!」推進店・事業所として認定します。
 詳しくは、以下のページをご覧ください。

事業所・団体等の宴会においてご協力を

「残さず食べよう!30・10運動」コースターの活用や開始時に30・10運動への協力をアナウンスする等の実践についてご協力ください。

  • アナウンス例

1 宴会開始時
 『ここで、ご出席の皆さまに、松本市が提唱しています「残さず食べよう30・10運動」をご案内いたします。30・10運動とは、宴会時における食べ残しを減らす運動です。乾杯の後の30分間とお開き前の10分間は自分の席について料理を楽しみ、 「もったいない」を心がけ、食品ロス削減の取り組みにご協力ください。』

2 宴会終了10分前
 『皆さまにお知らせいたします。間もなくお開きの時間となりますので、今一度自分の席に戻り、料理をお楽しみください。』

30・10運動普及啓発用三角柱POPをご活用ください(環境省作成)

30・10運動推進のため、環境省で卓上三角柱POPを作成しています。
承認等の必要なしで、さまざまなシーンで活用いただけます。
食品ロスの周知啓発のため、ご活用ください。
詳細は、以下をご覧ください。

おうちで「残さず食べよう!30・10(さんまる いちまる)運動」

家庭から出る生ごみのうち、約3割がまだ食べられるのに廃棄されています。

また、食品ロスの約半分は一般家庭からのものです。

  • 毎月30日は、冷蔵庫クリーンアップデー

冷蔵庫の賞味期限・消費期限の近いものや野菜・肉等の傷みやすいものを積極的に使用し、冷蔵庫を空にしましょう。

  • 毎月10日は、もったいないクッキングデー

特に、今まで食べられるのに捨てられていた野菜の茎や皮等を活用して子どもといっしょに料理をするもったいないクッキングを実施しましょう。

飲食店の皆さまへ

 おそとで「残さず食べよう!30・10(さんまる いちまる)運動」のPR用コースター、ポケットティッシュ、ポスターを作成しました。
 ご協力いただける市内の飲食店には、無料で配布しますのでご連絡ください。

ポスター
PR用ポスター(見本)

食品ロスについてもっと知りたい方は

食品ロスについての概要や本市の最新の取組みについて掲載しています。

長野県と連携して取り組みを行います。(外部リンク)

食品ロスを削減することを目的として設立された自治体間のネットワークです。本市も加入しています。(外部リンク)

お問い合わせ

環境部 環境政策課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(東庁舎4階)
電話:0263-34-3268

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。