このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

松本地域における木質バイオマス利用に関するシンポジウム

ページ番号:104-617-068

更新日:2019年5月28日

松本市では、二酸化炭素の排出削減を目的に、林業や発電に使われない森林資源を活用するため竜島温泉せせらぎの湯にチップボイラーを導入しました。
これに合わせ、令和元年5月25日(土)に完成見学会と木質バイオマス利用に関するシンポジウムを開催しました。

竜島温泉せせらぎの湯チップボイラー完成見学会

チップボイラーの概要

(1) チップボイラー
   出力:150kW
   メーカー:オーストリア Gilles(ギレス)社
   最大効率:93.2%
   許容含水率:15~35%w.b.
(2) 燃料コンテナ
   コンテナカートリッジ式10立方メートル×2台
   乾燥機能付き(5%w.b程度の乾燥が可能)
(3) 貯湯槽
   容量:5,000L
(4) 遠隔監視装置
   ボイラーの稼働情報、給湯温度、燃料の残量などを常時監視

松本地域における木質バイオマス利用に関するシンポジウム

≪内容≫

  • 長野県における木質バイオマス発電について
  • 長野県における木質バイオマスの熱利用について
  • 松本市の環境エネルギー政策について
  • 松本平森林エネルギーの取組について


シンポジウムの様子

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

環境部 環境政策課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(東庁舎4階)
電話:0263-34-3268

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。