このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

松本ユース平和ネットワーク 平成30年度長崎市平和訪問

ページ番号:923-290-237

更新日:2018年8月31日

松本ユース平和ネットワークによる長崎市平和訪問

 松本ユース平和ネットワークの平和学習の一環として、メンバーが長崎市を訪問し、被爆遺構の見学や被爆体験者講話の聴講、現地の大学生団体との交流等を行いました。
 この成果を活かし、9月24日(月曜日)には松本市平和宣言の日イベントで報告会を、11月以降には市内の小中学校で「出前授業」を実施します。今後も、松本市の若者による平和活動にご期待ください。
 ※松本ユース平和ネットワーク事業は、平成30年度地域発元気づくり支援金に採択され、長野県による支援を受けています。

期日

平成30年8月27日(月曜日)~29日(水曜日)

内容

  • 長崎原爆資料館見学
  • 被爆体験者講話
  • 平和案内人ガイドによる被爆遺構等見学
  • ナガサキ・ユース代表団(長崎の若者組織)との交流

事業風景

原爆資料館見学

原爆資料館見学

 原爆資料館では、原子爆弾投下後の長崎市の様子や原子爆弾の模型、被爆したさまざまな遺物や映像資料等を通じて、被爆の実相を学びました。

被爆体験者講話

 11歳のときに、爆心地から1.5キロメートルにある農家で被爆された中村一俊さんから、被爆当時のお話をお聞きしました。

平和案内人ガイド

 平和案内人ガイドの方から、平和公園、山里小学校、如己堂、永井隆記念館、浦上天主堂、原爆落下中心地を案内していただきました。

ユース代表団との交流

ユース代表団との交流

 核軍縮・不拡散問題に関する国際会議に参加し、帰国後も平和活動を行っている「ナガサキ・ユース代表団」の皆さん、核兵器問題について全国各地で授業を行っている「ピースキャラバン隊」の皆さんと、交流を行いました。
 国際会議の舞台で各国代表の生の声を聞いたユース代表団の皆さんの貴重な体験談や、全国で6000人以上・40カ所を超える学校で授業を行ったピースキャラバン隊の方の意見に、ユースメンバーは大きな刺激を受けていました。

お問い合わせ

総務部 行政管理課・平和推進課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(本庁舎3階)
電話:0263-33-4770 FAX:0263-33-1877

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

平和を学ぶ

関連情報

このページを見ている人はこんなページも見ています

  • 情報が見つからないときは
  • よくある質問
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。