このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

視覚障がい者の歩行課題の軽減に向けたコード化点字ブロックの実証実験について

ページ番号:205-890-679

更新日:2021年8月19日

趣旨

障がいの有無にかかわらず社会参加しやすいまちを目指し、デジタルで視覚に障がいのある人の外出時における困難さを軽減する仕組みとして、音声で周辺の情報を提供するコード化点字ブロックの実証実験を行います。

背景・課題

松本市の視覚障がい者人数(R3.3.31) 568人

視覚障がい者は目的地や現在地がわからないなど日常的に困難を抱えています。
また、コロナ禍においては、街中の点字や手摺が使用できないため情報を得るための手段が減少する、同行援護の支援を受けられないなどの影響を受けている人もいます。

実施概要

コード化点字ブロックをスマートフォンアプリで読み取り、スマートフォンから流れる音声案内に従って歩行する体験を行う中で、システムの有用性や改善点を探ります。

※コード化点字ブロックとは、黒点や矢印をつけて点字ブロックをコード化したものです。スマートフォンアプリで読み取ることで、周辺の情報を音声で伝えることができます。コードは4方向からの読み取りに対応しています。

日程

令和3年8月24日(火) 第1部:午後3時から 第2部:午後4時から
午後4時20分頃に臥雲市長も体験予定です。

会場

松本市役所東庁舎1階

体験の流れ

参加者への事前説明⇒体験⇒ヒアリング
※晴眼者(市職員等)も目隠しをして視覚に障がいのある人と同じ状況下で体験します。

協力者

松本視覚障害者福祉協会(体験への参加)
金沢工業大学 工学部 情報工学科 松井くにお教授(技術的助言)
W&Mシステムズ合同会社(システム管理・運用)
信州ファンドレイジングチーム(サポート人員の確保)
株式会社ドコモCS長野支店(スマートフォン端末の貸出)

概要資料

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

総合戦略局 DX推進本部
〒390-1242 長野県松本市大字和田4010番27
電話:0263-48-7000 FAX:0263-48-7001

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。