このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

松本市UIJターン就業・創業移住支援事業補助金

ページ番号:807-253-937

更新日:2021年11月17日

松本市内企業等の担い手不足の解消、地域課題の解決及び移住の促進を図るため、予算の範囲内で松本市UIJターン就業・創業移住支援事業補助金を交付します。

※令和3年4月1日以降に松本市に転入された方について、要件が緩和されました。
※令和3年3月31日までに松本市に転入された方は旧要件が適用になります。詳細については移住推進課までお問い合わせください。

※今年度の補助金の交付申請については令和4年1月31日(月曜日)が期限となります。なお、予算に達した場合は、期限より前に申請を締め切らせていただきます。

1.概要

東京圏(埼玉県、千葉県、東京都及び神奈川県)、愛知県又は大阪府から松本市内に移住かつ就業した方または長野県の創業支援金の交付決定を受け移住した方を対象に、国、長野県、松本市が共同で補助金を交付するものです。

2.共通要件

以下の1~3の要件は移住支援金を申請しようとするすべての方が満たす必要があります。

1 移住元に関する要件

次の1から2までの要件を全て満たす者
1 松本市に住民票を移す直前の10年間のうち、通算して5年以上、東京圏、愛知県又は大阪府に在住し、かつ就労をしていたこと(※1)。
(※1東京圏等に在住し、東京圏等の大学等に通学し、東京圏等の企業に就職した場合、大学等への通学期間も就労期間に通算できます。)
2 松本市に住民票を移す直前に、連続して1年以上、東京圏、愛知県又は大阪府に在住し、かつ就労していたこと(※2)。
(※2被用者として就業していた場合にあっては、雇用保険の被保険者としての就業に限ります。)

2 移住先に関する要件

1 住民票の移動後3か月以上1年以内に移住支援金の交付申請をすること。
2 申請後5年以上継続して松本市内に居住する意思を有していること。

3 その他の要件

1 暴力団等の反社会的勢力ではないこと。または反社会的勢力と関係を有する者でないこと。
2 日本人であること。または外国人であって永住者、日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、定住者もしくは特別永住者のいずれかの在留資格を有する者であること。
3 その他移住支援金の対象として不適当と認めたものでないこと。

3.就業に関する要件

以下のA~Eのいずれかに該当する必要があります。

A マッチングサイトの求人に応募して採用された場合

次の1から7までの要件を全て満たす者
1 求人への応募日がマッチングサイトに求人情報が掲載された日以降であること。
2 勤務地が東京圏以外であること。
3 就業先が、3親等以内の親族が代表者、取締役等の経営を担う企業等でないこと。
4 週20時間以上の無期雇用契約に基づいて就業していること。
5 交付申請時に、当該企業等に連続して3か月以上在職していること。
6 申請日から5年以上継続して勤務する意思を有していること。
7 転勤、出向、出張、研修等による勤務地の変更ではなく、新規の雇用であること。

B 専門人材の場合

次の1から7までの要件を全て満たす者
1 プロフェッショナル人材事業または先導的人材マッチング事業を利用して長野県内で就業した者。
2 勤務地が、東京圏以外であること。
3 週20時間以上の無期雇用契約に基づいて就業していること。
4 交付申請時に、当該企業等に連続して3か月以上在職していること。
5 申請日から5年以上継続して勤務する意思を有していること。
6 転勤、出向、出張、研修等による勤務地の変更ではなく、新規の雇用であること。
7 目的達成後の解散を前提とした個別プロジェクトへの参加等、離職することが前提でないこと。

C テレワーカーの場合

次の1から4までの要件を全て満たす者
1 所属先企業等からの命令ではなく、自己の意思で移住したこと。
2 移住先を生活の本拠とし、移住前での業務を引き続き行うこと。
3 申請日から5年以上継続して勤務する意思を有していること。
4 所属先企業等から地方創生テレワーク交付金を活用した取組の中で資金提供を受けていないこと。

D 関係人口の場合

次の1~8までの要件を全て満たす者
1 次の(1)~(5)のいずれかの関係人口の要件に該当する者
(1) 本市に通学、通勤又は居住をしたことがある者
(2) 本市にふるさと納税をしたことがある者
(3)本市で二地域居住又は週末暮らしをしたことがある者
(4)本市で地域活動に参画したことがある者
(5) 長野県又は本市の移住施策に参画したことがある者
2 就業先が以下のいずれかであること
(1)マッチングサイトへの登録要件を満たす企業等
(2)職場いきいきアドバンスカンパニー認証企業
3 勤務地が東京圏以外であること。
4 就業先が、3親等以内の親族が代表者、取締役等の経営を担う企業等でないこと。
5 週20時間以上の無期雇用契約に基づいて就業していること。
6 交付申請時に、当該企業等に連続して3か月以上在職していること。
7 申請日から5年以上継続して勤務する意思を有していること。
8 転勤、出向、出張、研修等による勤務地の変更ではなく、新規の雇用であること。

E ソーシャル・ビジネス創業支援金の交付決定を受けている場合

移住支援金の交付申請時、ソーシャルビジネス創業支援金の交付決定から1年以内であること。

4.移住支援金の額

2人以上の世帯

100万円
※ただし、次の1から4までの要件を全て満たす必要があります。
1 世帯員が、移住元において同一世帯に属していたこと。
2 世帯員が、交付申請時において同一世帯に属していること。
3 世帯員のいずれもが、交付申請時、転入後3か月以上1年以内であること。
4 世帯員のいずれもが、反社会的勢力または反社会的勢力と関係を有する者ではないこと。

その他世帯(単身世帯及び上記要件を満たさない2人以上世帯)

60万円

5.補助金交付手続き・提出書類

要件をご確認の上、申請をご希望の方は移住推進課までお問い合わせください。必要書類についてご案内いたします。

(1)交付申請・実績報告

要件に応じて、必要書類を揃えていただきます。

(2)交付決定額の決定

申請者に対し、交付の可否を通知します。

(3)請求

交付申請の審査を通過し、交付決定通知を受けて補助金を請求する方は、所定の様式の請求書をご提出ください。

6.返還

全額返還

次の1から4までのいずれかに該当する者
1 偽りその他不正の手段により補助金の交付を受けたとき
2 申請日から3年以内に、松本市外に転出したとき
3 申請日から3年以内に、補助金の要件を満たす職を辞したとき
4 創業支援金の交付決定を取り消されたとき

半額返還

次のいずれかに該当する者
1 申請日から3年以上5年以内に、松本市外に転出したとき
2 申請日から3年以上5年以内に、補助金の要件を満たす職を辞したとき

7.継続就業・継続居住の確認

補助金の受給者に対し、補助金の申請日から5年を経過する日までの間、申請日から1年ごとに、居住の確認及び勤務状況の確認を行います。就業先である企業等に就業証明書の交付を受けて、市に提出してください。

外部リンク

お問い合わせ

住民自治局 移住推進課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(本庁舎1階)
電話:0263-34-3193 FAX:0263-34-3493

この担当課にメールを送る

本文ここまで

以下フッターです。