このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

廣田寺山門周辺石造物群

ページ番号:658-959-282

更新日:2018年10月1日

(読み方)こうでんじ さんもん しゅうへん せきぞうぶつ ぐん

  • 指定等区分 松本市重要文化財
  • 指定年月日 平成20年(2008)12月22日
  • 種別 歴史資料
  • 所在地 松本市会田566
  • 所有者 廣田寺
  • 時代区分 江戸時代

幼子を供養する百体の観音様

 四賀地区の会田宿から北へ少し登った所に廣田寺があります。その廣田寺の山門周辺には、総数115基の石造文化財があり、一括して松本市重要文化財に指定されています。

 廣田寺の総門から山門への参道には、江戸時代末期から明治初期にかけて、亡くなった幼児を供養するために建立された高さ30cmから60cmの百体の観音を主として106体の石仏(聖観音29体、千手観音32体、十一面観音10体、その他35体)が整然と並んでいます。

 総門付近には大黒天1基、石祠1基、筆塚2基、記念墓碑1基、禁札1基、万霊塔1基、元文5年(1740)の角型庚申塔が2基あります。

 廣田寺の近くには会田氏ゆかりの会田塚もあり、特色ある石造物をまとめてみることができる場所となっています。

お問い合わせ

教育部 文化財課
〒390-0874 長野県松本市大手3丁目8番13号(大手事務所3階)
電話:0263-34-3292 FAX:0263-34-3290

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

重要文化財(美術工芸品)

このページを見ている人はこんなページも見ています

  • 情報が見つからないときは
  • よくある質問
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。