このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

大嶋家住宅主屋

ページ番号:462-472-804

更新日:2018年9月26日

(読み方)おおしまけ じゅうたく しゅおく

  • 指定等区分 国登録有形文化財
  • 指定年月日 平成29年10月27日
  • 種別 建造物
  • 所在地 笹賀4143番地
  • 所有者 個人
  • 時代区分 江戸時代

本棟造の特徴と格式を備えた民家

大嶋家住宅は市内南郊の田園地帯に位置する本棟造の民家です。
間口が16メートルと広く、正面に下屋を設けて、その中央に式台を構え、妻壁に出格子の窓、棟に雀踊りを飾り、本棟造の特徴と格式を備えている建物です。居室は3列構成で中心に「ナカオエ」が配置されています。
座敷部の造作に上質感が漂う幕末期の大型民家であり、かつてのこの地域の景観を今に伝える貴重な文化財です。

お問い合わせ

教育部 文化財課
〒390-0874 長野県松本市大手3丁目8番13号(大手事務所3階)
電話:0263-34-3292 FAX:0263-34-3290

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。