このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

松本館〔2棟〕

ページ番号:222-259-509

更新日:2018年9月25日

(読み方)まつもとかん

  • 指定等区分 国登録有形文化財
  • 指定年月日 平成16年(2004)3月2日
  • 種別 建造物
  • 所在地 丸の内7-39
  • 所有者 株式会社 松本館
  • 時代区分 昭和時代

壮麗な料亭建築を今に伝える


松本市の中心部、松本城の近くにある松本館は、旧館と便所棟の2棟が国の登録有形文化財に登録されています。

旧館

松本館の旧館は昭和8年(1933)頃の料亭建築で、長方形平面の2階建部と、平家建ての北西張出部からなっています。2階は南端に階段を設けて他は一室の大広間「鳳凰の間」となっており、地元の彫刻家太田南海の手による床柱や、折上格天井、建具など各所に壮麗な内装を備えています。

便所棟

便所棟も、旧館と同時期の建築です。
旧館の南西隅に、渡り廊下を介して接続しています。南側は別棟に接し、庭園に面する北側は西八角形型の平面をなしています。内部外部とも軸部を赤く塗り、格天井とし絵様を描き、壁面上部には中国風の欄間を設けているなど、異国風の四阿を模した建築となっています。

お問い合わせ

教育部 文化財課
〒390-0874 長野県松本市大手3丁目8番13号(大手事務所3階)
電話:0263-34-3292 FAX:0263-34-3290

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。