このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

本折井家住宅主屋

ページ番号:353-750-198

更新日:2020年4月30日

(読み方)ほんおりいけ じゅうたく しゅおく

  • 指定等区分 登録有形文化財
  • 登録年月日 平成30年3月27日
  • 種別 建造物
  • 所在地 白板一丁目81番地
  • 所有者 個人
  • 時代区分 江戸時代

松本を代表する本棟造民家

 本折井家は松本藩庄内組の大庄屋を代々務めた折井氏の総本家で、屋号を本折井といいます。かつては甲州(現在の山梨県)の武家で、慶長期(1596~1615年)に松本へ来たと伝えられています。
 本折井家住宅主屋は、寛政2年(1790)に建築された本棟造の建物です。間口10間、奥行10間の本棟造りで、式台玄関と大戸口を並べ床上部は2列に6つの部屋が配されています。前方へ上座敷(かみざしき)を突出させ、入側(いりかわ)をめぐらし上便所を備えた格式高い接客空間を持つ建物です。八寸角の大黒柱や重厚な梁組に対し、座敷構えは繊細な意匠が施されています。
 この建物は、大庄屋の暮らしをよく伝えており、住まいとして建築的価値が高く、松本を代表する貴重な民家です。

お問い合わせ

教育部 文化財課
〒390-0874 長野県松本市大手3丁目8番13号(大手事務所3階)
電話:0263-34-3292 FAX:0263-34-3290

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。