このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

野麦街道と集落と集落を結ぶ里道

ページ番号:751-972-260

更新日:2021年6月25日

~交通の要衝として発展を遂げたあたらしの郷~

新村地区マップ

認定年月日

令和3年(2021)3月30日

保存活用団体

新村地区文化財保存会
あたらしの郷協議会

構成する文化財(関連文化財群)

野麦街道、根石の道標、新村の道路元標、北新(きたにい)高札場跡・常夜燈、里道(りどう)(仁科道、高綱道、横道、大妻道、中村道、上手町(わでまち)道、上新(かみにい)中道 他)、大妻前の渡し、徳利川(とっくりがわ)橋、かぎのて(北新西村 など)

道祖神

21体(祭りは子ども会)

石造物

上手町出土の板碑、新村山の大山祇大神(おおやまつみのおおかみ)、秋葉山大神のほか講の碑、上新の馬頭観音群と観音講、馬頭観音群(安塚、北新西、南新東)(安塚の馬頭観音祭り)、等順・祐天の名号塔(北新西)、徳本の名号塔(5基)、南新天明社の石仏群

養蚕・製糸

小野製糸工場跡・大きな繭蔵跡、養蚕・蚕室、蚕神碑、繭玉様の祭り

社寺

専称寺(本堂、観音堂、鐘楼、山門、石造物(徳本の名号塔、百体観音像、六地蔵像、石灯籠)、花祭りほか年中行事)、岩崎神社(本殿、拝殿、蚕玉社、川干の神事ほか年間祭祀、棟札、薙鎌)、小野神社(本殿、拝殿、秋葉社(秋葉社内日吉社)、石灯籠と参道、例大祭ほか年間祭祀)、法伝寺跡

下新(しもにい)の庚申堂(庚申祭り、花祭り、お十夜)、上手町の阿弥陀堂(庚申講、念仏講、戸隠講、三峯講)、清浄院(しょうじょいん)、安塚の薬師堂(痩馬(やしょうま)作り、花祭り、お十夜の大数珠回し)、信入院(お十夜法要)、東新(ひがしにい)の大日堂(灌仏会(花祭り)、お盆の法要、お十夜)

祝殿

若宮社、諏訪社(例大祭)、刀利社、天白社(例祭)、社宮司社(お祭り)

遺跡・古墳

物ぐさ太郎遺蹟地(物ぐさ太郎像、折口信夫の歌碑、腰掛け桜、ものぐさ太郎祭り)、新村遺跡、安塚(やすづか)古墳第6号古墳、秋葉原(あきばはら)古墳第1号古墳

その他

北新のビャクシン(体釼祭(たいけんさい))、根石のサイカチ、上新の公会堂

ストーリー

 松本市のほぼ中央に位置する新村地区は、梓川右岸の東に向かって下る緩やかな傾斜地に豊潤な水田が広がる田園地帯です。当地区は、中世には新村南方・北方に分かれていました。江戸時代の延宝2年(1674)に下新・北新・上新・東新・南新の5か村となり、明治7年(1874)に合併し、新村となりました。
 野麦街道が集落を繋ぐように東西に走り、波田・安曇・奈川地区や飛騨国との人の往来や、食料品や生活必需品の輸送に重要な役割を果たしてきました。当地区はこの野麦街道を中心にして中世以降、交通の要衝として大きく発展しました。近代になると、大正時代に筑摩鉄道(現在のアルピコ交通)が開通し、新村駅を中心に栄えました。
 地区内には、集落と集落を結ぶ里道が縦横に通り、その道は梓川を渡って、安曇地方へも続いていました。道祖神や馬頭観音などの石造物や小さな社が道筋にあり、そこでは観音講や数珠回し、さまざまなお祭りなど人々の祈りや娯楽の場が設けられ、今に続いています。水量豊かな水路や、工夫を凝らした分水工からは、広大な土地を水田へと変えていった先人の苦労が偲ばれます。集落内には蚕室・土蔵・本棟造りの家などが残されています。広々とした稲田とその向こうの山々を見るとき、新しの郷に住む喜びを感じます。

活動

 新村地区に関わる文化財の調査、研究及び記録保存を行うとともに、保存整備と活用に取組みます。これまでの活動成果を基に、地域学習テキスト『ふるさと新村』を作成し、小中学校の歴史学習や住民向けの講演・講座、松本大学と連携したウォークラリーなどを開き、文化財に関心を持つ人を育てます。また道の清掃や、案内板・標柱の点検を行い、地区内の美化に努めます。地区に松本大学があるという特色を生かし交流を進めながら、若者たちに地区の特色や文化財を知ってもらい、関心を高めることにも努めていきます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

教育部 文化財課
〒390-0874 長野県松本市大手3丁目8番13号(大手事務所6階)
電話:0263-34-3292 FAX:0263-34-3299

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。