このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成16年度(2004)第24回国際生活スクール

ページ番号:554-688-269

更新日:2015年4月1日

 アメリカ合衆国ソルトレークシティとは松本市は、1958年に姉妹都市として友情の絆を結びました。その後、数多くの方々の努力により相互の交流が深まり、両市関係は「隣人から友人へ、そして家族」へと発展し、現在にいたっています。このような友情の歴史を基に、国際生活スクールは「人生の最も柔軟性に富む若き時代に国際交流の体験を!」という目的で、姉妹都市提携20周年を記念して実現されました。今までに600人以上の学生が参加し、新しい体験の中で広い視野とたくましさを身に付けています。
 このプログラムは、主として集中英語研修、ホームスティ、そして本場のディズニーランド、ロスアンゼルスへの米国内旅行により構成されています。

第24回国際生活スクールについて

日程

平成16年7月31日(土曜日)~8月14日(土曜日)15日間

団員数

14人(短大・大学生・高校生他)

滞在地

ソルトレークシティ・ロスアンゼルス(ディズニーランド)

ソルトレークシティ到着

 飛行機を乗り継ぎ、松本市からソルトレークシティにたどり着きました。
 初めてのアメリカ、初めてのホームスティに期待と不安一杯です。

英語研修スタート

到着して翌日から、英語研修が始まりました。
英語研修、といっても机の上の勉強だけではなく、英語の音楽を皆で歌ったり、ユタ大学内を散策したり、スイミングプールに遊びにいったりしていました。

リバートリップ その1

英語にも少し慣れた頃、リバートリップに向かいます。
バスに揺られて5時間。ようやくコロラド川にたどり着きました。さぁ、出発です。

リバートリップ その2

はじめはなれないボートやダッキー(写真の1人乗りのボート)でしたが、慣れてくると水掛合戦が始まり、ずぶ濡れになって遊びました。濡れてもすぐ乾くので、快適です。

リバートリップ その3

1日ボートに乗って、キャンプ場所までたどり着きます。夕食を楽しみ、夜にはキャンプファイヤー。
寝場所は自由です。好きなところにシートをひいて、寝袋だけで寝ます、星を眺めながら…。

乗馬体験

リバートリップ2日目の午後には、乗馬を体験しました。引き馬ではなく、川を渡り、山を越える、本格的な乗馬です。最初はこわごわ手綱を握っていた皆も、終わる頃には笑顔でした。

アーチーズ国立公園

 翌日はユタ州の有名な国立公園であるアーチーズに向かいました。例年よりしのぎやすいと言われる気候でしたが、気温は30度以上。みんな頑張って歩きました。

市内探索

 リバートリップから帰ってから、再び英語研修です。この日は研修先のユタ大学から、トラックスと呼ばれる路面電車に乗って、市内へ向かいました。

卒業スピーチ&パーティー

 ソルトレークシティ最終日、皆この日のために一生懸命卒業スピーチを準備してきました。ホストファミリーを前に、感謝の言葉を伝えます。
 またパーティーでは日本文化体験ということで、ホストファミリーの名前を漢字で書いてあげたり、折り紙を教えました。

ディズニーランド

 アメリカ旅行の最後を飾る、ロスアンゼルス観光とディズニーランド。ソルトレークシティとまったく違う雰囲気に圧倒されました。
 ディズニーランドも1日遊びまわりましたね。

お問い合わせ

政策部 総合戦略課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(本庁舎3階)
電話:0263-34-3274 FAX:0263-34-3201

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。