このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

思いやりの気持ちを大切に ~みんなが一つになってコロナを乗り越えましょう~

ページ番号:996-820-173

更新日:2021年2月4日

 新型コロナウイルス感染症の影響が長引くなか、わたしたちはこれまで経験したことのない不安な日々を過ごしています。思いやりの気持ちを大切にして、みんなが一つになってコロナを乗り越えていきましょう。

差別をやめ、思いやりのある地域づくりを心がけましょう

 私たち誰でも新型コロナウイルスに感染する可能性があります。感染することは「悪い」ことではありません。 
 感染した方やそのご家族、医療関係者、介護施設関係者などに対する不当な差別は、あってはなりません。みんながそれぞれの場所で感染が拡大しないように努力しています。この事態に対応しているすべての方に敬意を払いましょう。また、差別、誹謗中傷、いじめ等は絶対に行わないでください
たとえ感染しても差別や誹謗中傷されることなく、「お帰りなさい」と受け入れられる、思いやりのある地域社会にしていきましょう。

考えてみよう!なぜ新型コロナウイルス感染症が差別につながるのでしょうか?

インタビュー動画「今試される本物の人権意識 ~withコロナ時代 心がつながる地域社会を目指して~」

 新型コロナウイルス感染症が差別を引き起こすしくみや、たとえ感染しても、安心して帰って来られる地域であるために、私たちのできることを解説します。

完全版



ダイジェスト版



出演者

森光 玲雄 氏(諏訪赤十字病院臨床心理課長・国際赤十字心のケア登録専門家)
佐藤 栄見子 氏(フリーアナウンサー)

新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!~負のスパイラルを断ち切るために~

 日本赤十字社では、新型コロナウイルスによる感染症の拡大防止のガイドとして、
「新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!~負のスパイラルを断ち切るために~」を
公開しています。



本来の敵は?

やってみよう!ココロのワクチン

 病気への不安から差別や誹謗中傷等につながる仕組みなどについて学び、意識や行動の変容を促す「ココロのワクチンプロジェクト」を行っています。

ココロのワクチンプロジェクト
(画像をクリックすると特設サイトが開きます)

人権問題に関する相談窓口

相談窓口
相談窓口 電話番号 受付時間

長野地方法務局松本支局
総務課

0263-32-2571

午前8時30分~午後5時15分
(土曜日・日曜日・祝日除く)

新型コロナウイルス
お困りごと相談センター
(長野県)

026-235-7077

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

住民自治局 人権共生課
〒390-0811 長野県松本市中央1丁目18番1号
電話:0263-39-1105 FAX:0263-37-1153

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

人権

  • 情報が見つからないときは
  • よくある質問
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。