このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

ツキノワグマによる人身被害防止について

ページ番号:438-359-003

更新日:2020年11月12日

目撃情報

長野県内では、熊の目撃情報が多くなっています。
山に入る際は、単独での行動を避け、鈴など音の出るものを携帯しましょう。
また、熊を目撃された方は、松本警察署(0263-25-0110)か、松本市役所(0263-78-3003)までご連絡をお願いします。

内容
日付 時間 地区 場所 個体情報
11月11日 午後5時頃 波田 9区 運動広場西側 子グマ1頭
11月10日

午前6時頃

梓川

上野 デイサービスなごみ荘東側河川敷

成獣1頭

概要

 例年、秋季になると冬眠前に大量に餌を摂取するツキノワグマは、広範囲を移動することから人身被害発生の可能性が高い時期となっており、全国的にも、多くの人身事故が発生しています。ツキノワグマの遭遇による人身被害を防止するため、山際の耕地や森林内では次のことに十分気を付けてください。

クマに出会わないようにするために

〇 山に入る時は、鈴など音の出る物を持ちましょう。
   「沢沿い」や「山の尾根を越えるとき」は音が伝わりにくいため、特に注意が必要で
  す。

〇 「明け方」や「夕暮れ時」はクマの活動が活発になります。
   人家付近であっても、この時間帯に散歩する場合は、必ず鈴などの音の出るものを
  携行しましょう。

クマを引き寄せないために

〇 誘引物の除去
   生ごみなどを野外に放置すると、クマの誘因物になります。
  野菜くずも、腐敗することで臭気を発生させるため、誘因物になります。
    また、塗料などの揮発性の臭いや、漬物など発酵臭の強いものにも誘引される可 
  能性がありますので、保管場所にも注意が必要です。
〇 クマは「なわばり」を持たないため、えさになるものや好物があると、一頭を捕獲して  
  も、次から次へと違うクマが出てくる可能性があります。被害にあう農作物は電気柵
  等で守り、廃果や生ゴミは野外に放置せず、適切に処理してください。
〇 クリ・カキ等は、クマを誘引する可能性が高いため、採取するか、できれば伐採する
  ことをお勧めします。

注意喚起ポイント

〇 山や森林は「クマの生息域」です。
    山に入るときは、常にクマがいると言う意識を持ちましょう。
   また、段丘林や河岸林はクマの移動ルートになりやすいので、付近で散歩や作業 
  をする際には、鈴やラジオ等の音の出るものの携行を心掛けましょう。

〇 子連れのクマに注意してください。
   母グマは、オスグマに子グマが捕食されるなどの理由により、非常に神経質に 
  なっていますので、子連れのクマには絶対に近づいてはいけません。

〇 散歩に犬を同行する場合は、必ず係留紐(リード)を犬につけましょう。
   犬に係留紐(リード)をつけることは、長野県の条例で義務付けられています。
   過去には、係留紐を外した犬が藪にいたクマを追い出して事故になった事例があ
   ります。

もしも、クマに出会ってしまったら

〇 大声をあげたり石を投げたり走って逃げたりすると、クマが興奮して飛び掛かってくる 
 場合があるため、クマの動きを見ながら、ゆっくりと後ずさりましょう。
 万が一、クマに襲われた場合は、首の後ろで両手を組んで「頸動脈(けいどうみゃ
 く:首の左右両側)」を守りながら、丸くなって地面にうずくまり、「内股」や「膕(ひかが
 み:ひざの裏側、いずれも太い血管がある箇所)」を守る態勢をとり、重症化を避ける
 よう防御しましょう。
〇 もしも、集落等でクマを目撃した場合は、松本警察署(0263-25-0110)、または、 
 松本市役所耕地林務課(0263-34-3224)、松本市役所西部農林課(0263-78-3
 003)へ通報願います。

詳しくはこちら

お問い合わせ

農林部 耕地林務課
〒390-1702 長野県松本市丸の内3番7号(本庁舎5階)
電話:0263-34-3224

農林部 西部農林課
〒390-1702 長野県松本市梓川梓2288-3(梓川支所)
電話:0263-78-3003

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。