このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

有害鳥獣捕獲用箱わなを貸し出します

ページ番号:346-601-502

更新日:2020年6月24日

概要

ハクビシン等による農作物被害や屋根裏に住み着くなどの生活環境被害が発生している場合に、松本市では有害鳥獣捕獲許可と捕獲用箱わなを貸し出します。

捕獲について

ハクビシン等の野生鳥獣の捕獲については、「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律」に基づき原則として禁止されています。生活環境、農林業又は生態系に係る被害が現に生じているか、またはそのおそれがあり、原則として被害等が防止できないと認められる場合のみ野生鳥獣を捕獲できることとなっています。

対象鳥獣

ハクビシン、タヌキなどの小型の箱わなで捕獲可能な鳥獣

貸出条件

・防除対策を行ったうえでも、農作物被害や屋根裏に住み着くなどの生活環境被害が続いている。
・捕獲後の処分は個人で行うこと。
・箱わなのエサの管理や点検は個人で行なうこと。

箱わな貸出から返却までの流れ

1 申請
  鳥獣の捕獲許可と箱わな貸し出しについて、申請書を提出します。
  提出書類は、鳥獣捕獲許可申請書、確約書、借用書になります。
  【申請書の様式は本ページ(下段)からダウンロードできます。】
2 貸出
  申請から捕獲の許可が下りるまでに5~7日程度かかります。許可が下りたら、箱わなを受け取りにおいでください。
3 設置
  箱わなを設置し捕獲作業を行います。
4 返却
  捕獲許可期間が終了したら、箱わなを返却します。

注意点

・箱わなの設置場所は、被害がある許可された場所でしか使用できません。
・猫等が誤って箱わなに捕獲された場合は、速やかに解放してください。
・箱わなの設置にあたっては、近隣住民とトラブルにならないように十分ご注意ください。
・箱わなによる事故が起こらないよう、万全の注意を払ってください。万一事故等が発生した場合には、使用者の責任において対応してください。
・わなは使用者が使用し、他の人への貸し出しは絶対にしないでください。
・捕獲された鳥獣には直接手で触れないようにしてください。特に子どもさんがいるご家庭はご注意ください。
・使用後は、箱わなを洗浄して返却してください。

箱わなについて

間口:約36cm
高さ:約37cm
奥行:約93cm

捕獲許可に必要な申請書等の様式

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

農林部 耕地林務課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(本庁舎5階)
電話:0263-34-3224

この担当課にメールを送る

農林部 西部農林課
〒390-1702 長野県松本市梓川梓2288-3(梓川支所)
電話:0263-78-3003

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。