このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

新型コロナウイルス感染症についてアンケート調査

ページ番号:837-015-416

更新日:2021年4月5日

 新型コロナウイルスの感染拡大で、国の要請に基づき、学校が臨時休業した令和2年3月から5月までの間の子どもたちの生活実態の把握と児童虐待に関する認識調査のため、子どもと保護者を対象に実施したアンケート調査を実施しました。

実施概要

アンケート
  子ども向け 保護者向け
調査期間 令和2年11月中旬~12月下旬 令和3年1月8日~1月31日
調査対象 市内小中学校及び高等学校(65校)
の1クラスずつの児童生徒(全学年を配分)
市内小中学校の保護者
配 付 数 1,679人 14,796世帯
回答者数 1,679人 3,403人
  (回収率100%) (回収率23.0%)
実施方法 学校経由でアンケート用紙を配布し、後日回収 学校から依頼文書を配布しインターネット(ながの電子申請サービス)で回答
設問内容 新型コロナウイルス感染症に対する認識、学校休業中の気持ちや悩み、相談に関することなど 学校休業中の子どもと保護者の生活実態、健康状態に関すること、児童虐待の認識に関することなど
設問数 19問 11問

*保護者には、小学校と中学校を通じて配布したため重複する世帯があり、実際の世帯数とは異なります。

調査結果

結果概要

子ども向け

1 長期間の学校休業の影響として、外出の減少、起床、就寝時間の変化、運動が減ったとの回答が多くあ
 り、生活リズムや心身 面に変化が生じたことが明らかになりました。一方で、家族との会話が増えた、
 家の手伝いをするようになったとの良い面の回答もありました。
2 多数ではありませんが「相談できる人がいなかった」「誰に相談したらよいかわからなかった」等、子ど
 もの孤独が心配される回答や、「親やきょうだいにたたかれた」「いつもお腹がすいていた」等の家庭環
 境が心配される回答があり、引き続き相談や支援体制の充実を図る必要があります。

保護者向け

1 学校休業中、保護者自身も精神的に落ち着かなかったと半数が答え、収入減など経済的変化があったり、
 子どもに暴言・暴力 を振るってしまったという回答があり、保護者に不安や苛立ちが生じ、子どもにも影
 響を及ぼすことが明らかになりました。
2 児童虐待についての認識は、どんなことを虐待と捉えるのかということや、相談場所についてもまだ認
 知されていないことがわかり、周知の必要性が確認できました。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

こども部 こども育成課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(東庁舎別棟1階)
電話:0263-34-3291 FAX:0263-34-3309

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。