このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

令和3年度介護保険制度改正に係るお知らせ

ページ番号:201-576-066

更新日:2021年3月19日

令和3年度介護報酬改定について

 

 令和3年度介護報酬改定の説明動画と説明資料を作成しましたので、改定内容のご確認をよろしくお願いいたします。

〇動画視聴方法
 松本市内指定介護事業所宛に通知をお送りしてあります。通知に記載のアドレスにアクセスして視聴してください。
〇説明資料
 下記資料を印刷してから動画を視聴してください。

※松本市は令和3年4月1日の中核市移行に伴い、松本市内に所在する指定介護事業所等に関する事務が県より移譲され、各種届出書類等もすべて松本市で受付をする形となります。届出方法等につきましては様式が整い次第、随時ホームページ上に掲載します。

改正に伴う留意点について

 今回の改正内容のうち、複数のサービスに共通する改正点について抜粋して掲載します。

 1 LIFEの利活用によるPDCAサイクルの推進【全サービス共通】

 2 看取り期における本人の意思を尊重したケアの充実【施設系、短期入所系等】

 3 ハラスメント対策の強化【全サービス共通】

 4 認知症に係る取組の情報公表制度への対応【全サービス共通】

 5 感染症対策の強化【全サービス共通】<3年間の経過措置期間あり>

 6 業務継続に向けた取組の強化【全サービス共通】<3年間の経過措置期間あり>

 7 虐待の発生又はその再発を防止するための取組【全サービス共通】<3年間の経過措置あり>

  ※省令の改正に伴い、全サービス事業者において、運営規程に「虐待防止のための
  措置に関する事項」の記載が必須となります。今後、解釈通知によりどのような内容
  を具体的に記載する必要があるのかが示される予定です。

 8 認知症基礎研修の受講の義務付け【全サービス共通(訪問介護、福祉用具貸与等   
   を除く)】<3年間の経過措置あり>

  ※介護に関わる全ての者の認知症対応力を向上させていくため、介護に直接携わる
  職員の方々のうち、医療・福祉関係の資格を持たない職員の方に認知症介護基礎
  研修を受講するための措置を講じることが義務づけされます。この取組については、
  3年の経過措置期間と、新入職員の受講については1年の猶予期間が設けられま
  す。また研修ですが、eラーニング等で受講しやすい環境を整えられることとなってい
  ます。
   無資格者がいない訪問系サービス(訪問入浴介護除く)、福祉用具貸与及び居宅
  介護支援の事業者を除いた全サービス事業者について、介護に直接携わる職員の
  方々に認知症介護基礎研修の受講環境を整え、研修受講をしていただくようお願い
  します。なお、標記研修につきましては、詳細が決まり次第、別途お知らせいたしま
  す。

 9 事業所の事務負担軽減【全サービス共通】

「科学的介護情報システム(LIFE)の活用等について

 令和3年度介護報酬改定において、科学的に効果が裏付けられた自立支援・重度化防止に資する質の高いサービス提供の推進を目的とし、LIFE を用いた厚生労働省へのデータ提出とフィードバックの活用による、PDCA サイクル・ケアの質の向上を図る取組を推進することとなっています。それに伴い、LIFEを用いた厚生労働省へのデータ提出等が要件となる加算及びLIFEの利用申請の方法等について、厚生労働省より事務連絡がありましたので、お知らせします。

〇詳細は、下記厚生労働省事務連絡をご覧ください。

【注意事項】

※令和3年度介護報酬改定において、科学的介護推進加算を始めとし、LIFEの活用等が要件に含まれる加算が設けられますが、詳細な算定要件等については、今後国からの通知や事務連絡等の発出が予定されておりますので、少々お待ちください。

※LIFEを利用するためには、利用申請→厚生労働省から送付されるはがきの受領→初回ログイン/IDの設定→利用者情報・様式情報の登録の流れとなります。ID・パスワードの発行については、令和3年4月前半にLIFEの利用を開始する場合は、令和3年3月25日までに利用申請を行う必要がありますので、ご留意ください。

※介護請求ソフトを活用したLIFEへのデータ提出をご希望の場合は、各介護ソフトのLIFEへの対応の有無等が異なりますので、詳細はご利用のベンダー等にお問い合わせください。

※データ提出は、サービス提供月の翌月の10日(4月サービス分は5月10日)までに行い、そのデータの解析結果等のフィードバックについては、サービス提供月の翌月中に、LIFEのwebサイトを通じて実施される予定となっています。ただし、排せつ支援加算、褥瘡マネジメント加算及び栄養マネジメント強化加算については、介護ソフト導入等に時間を要する場合のデータ提出の期限等について、別途示される予定です。

※LIFEへのデータ入力とフィードバック機能の活用によるPDCAサイクルの推進・ケアの向上を図ることが求められている加算に関連する様式一式の案が示されておりますので、ご確認をお願いします。(今示されているのは様式案のため、今後変更される可能性があります。)

※LIFEへの機能全般に関する問い合わせ先は下記のとおりです。

 < CHASEヘルプデスク 連絡先>
 E-mail : chase@toshiba-sol.co.jp

4月の報酬算定に係る介護給付費算定にかかる体制等に関する届出の提出について

令和3年度介護職員処遇改善加算及び介護職員等特定処遇改善加算について

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

健康福祉部 高齢福祉課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(本庁舎北別棟)
【電話番号のお掛け間違いにご注意ください。】
電話:0263-34-3213 FAX:0263-34-3016

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

  • 情報が見つからないときは
  • よくある質問
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。