このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

こどものインフルエンザ任意予防接種費用の半額助成をはじめます

ページ番号:269-568-210

更新日:2020年10月8日

 松本市では、令和2年度から、生後6か月~小学校6年生までの方を対象に、インフルエンザ予防接種費用の半額助成をはじめます。
 インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感等の症状が比較的急速に現れるのが特徴です。併せて普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳等の症状も見られます。お子様ではまれに急性脳症を、免疫力の低下している方では二次性の肺炎を伴う等、重症になることがあります。この「重症化」を予防することが、インフルエンザワクチンの最も大きな効果とされています。 
 こどものインフルエンザ予防接種は、「任意接種」です。接種を希望される方は、ワクチン接種の効果及び副反応等について医師より説明を受け、よく理解したうえで接種してください。
 対象となる方には、10月12日(月)に個人通知を発送します。

対象者

 予防接種当日において松本市に住民登録がある、生後6か月~小学校6年生までの方
 (平成20年4月2日~令和2年7月16日生まれの方)

実施期間

令和2年10月15日(木)~令和3年1月15日(金)

回数及び助成額

実施期間中に2回まで。
1回ごとに、医療機関の定める料金の半額を助成します。

予防接種の受け方

1 実施医療機関に事前に予約をしてください。(電話やインターネット等から)
2 市から送付された予診票と母子健康手帳を持って、医療機関で予防接種を受けてください。
 ・6カ月以上3歳未満の方 1回0.25mL(注:一部のワクチンは、「1歳以上」となります。)
 ・3歳以上小学校6年生までの方 1回0.5mL
3 医療機関の窓口で、予防接種費用の半額をお支払いください。
  (接種前に検温・問診などを行った結果、接種を受けることが適当でないと判断された場合の予診料は、全額自己負担になります。)

実施医療機関

持ち物

  • 市から送付した予診票
  • 母子健康手帳

注意事項

  • 松本市外の医療機関で接種した場合は、助成がありません。
  • 市の送付した予診票を持参せずに接種した場合は、全額自費となります。
  • 全額自費で接種したものについて、払い戻しはありません。
  • 接種による健康被害が生じたときは、医薬品副作用被害救済制度の範囲における補償の対象となります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

健康福祉部 健康づくり課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(東庁舎2階)
電話:0263-34-3217 FAX:0263-39-2523

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。