このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

受動喫煙とは

ページ番号:822-794-844

更新日:2018年12月26日

受動喫煙とは、他人が吸っているたばこの煙を吸い込んでしまうこと

 喫煙者が吸っている煙だけではなく、たばこから立ち上る煙や喫煙者が吐き出す煙にも、ニコチンやタールはもちろん、その他の多くの有害物質が含まれています。本人は吸わなくても、他人が吸っているたばこの煙を吸わされてしまうことを、「受動喫煙」と言います。
 受動喫煙との関連が「確実」と判定された肺がん、虚血性心疾患、脳卒中、乳幼児突然死症候群(SIDS)の4疾患について、わが国では年間約1万5千人が受動喫煙が原因で死亡しており、健康への影響は深刻です。

 1日に半箱(10本)のたばこを1年間吸い続けた時のタールサンプル。コップ一杯もの量を体に取り込んでいます。
 タールは、たばこを吸う人の歯や歯ぐきなどについている「ヤニ」です。体の中に取り込むと、簡単には排出できません。

たばこと健康への影響

 たばこには、4,000種類以上の化学物質が含まれ、そのうち60種類以上について発がん性が指摘されています。たばこの煙を吸い込むことにより、肺がんや喉頭がん、食道がん、肝臓がん、子宮頸がんといった全身のがん、脳卒中や虚血性心疾患、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、歯周病、早産や低出生体重での出産など、多くの影響が報告されています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

健康福祉部 健康づくり課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(東庁舎2階)
電話:0263-34-3217 FAX:0263-39-2523

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。