芳川公民館

ページ番号:538-236-710

更新日:2015年12月17日

芳川公民館南側からの写真

芳川地区は、奈良井川と田川の氾濫堆積からなり、かつては水利に恵まれない土地でした。昭和29年8月に松本市と合併、国道19号線の開通などにより大きな変化を迎え、農村から住宅地・商業地へと変わってきました。公民館活動として、平成8年から地域の海外出身者を対象に「日本語学級」を開催。当時の芳川地区担当保健師の掛け声から、職員と住民スタッフとともに、地域に住む海外出身者との共生を探る目的で、現在も行なわれています。高齢者の学習意欲に応え『芳川シニア短期大学』も開かれています。子育て支援ボランティアグループ「芳川保育ゆりかご会」のサポートにより「親子ふれあい学級(旧であい学級)」も毎年開かれています。

周辺地図

周辺地図

施設略図

施設略図

大会議室
大会議室

講義室(和室)
講義室(和室)

視聴覚室
視聴覚室(収容人数 39人)

調理室
調理室

講義室
講義室(収容人数 30名)

講座室
講座室(収容人数 20名)

工作室
工作室

芳川公民館 の詳細な周辺地図へのリンクです。(Googleマップ)

お問い合わせ

芳川公民館

〒399-0034 長野県松本市野溝東2丁目10番1号

電話:0263-58-2034

FAX:0263-85-1057

この担当課にメールを送る