中核市への移行について

松本市は令和3年4月1日の中核市への移行を目指しています

 松本市はこれまで、平成12年の特例市※への移行をはじめとして、県から事務権限の移譲を積極的に受け、市民サービスの向上に努めてきました。

 少子高齢化や人口減少を迎える中で、より市民のニーズに迅速かつ的確に対応し、更に魅力あるまちづくりを進めるため、松本市は、令和3年4月1日の中核市への移行を目指しています。

 中核市へ移行し、県から新たに約2,500の事務権限が移譲されると、市で判断して決定できることが増えます。私たちの住むまちのことは、私たち自身で決めることで、活力あふれる暮らしやすいまちづくりを進めます。

※ 特例市とは
 地方分権推進の担い手として平成12年に創設された政令指定都市、中核市に次ぐ都市制度です。特例市の指定を受けることで、都道府県の処理する事務の一部が市に移譲されます。なお、平成27年に特例市は廃止されました。

トピックス

獣医師を募集しています!

 令和3年4月1日に開所する市の保健所や食肉衛生検査所で働く獣医師を募集しています。ご家族、ご友人などで、松本市で働きたいという獣医師さんがいらっしゃいましたら、ぜひお声掛けください。

【受付期間:令和2年5月25日(月曜日)~6月10日(水曜日)必着】

長野県に同意の申入れをしました!

 令和2年3月12日(木曜日)、菅谷市長が県庁を訪問し、阿部知事に中核市の指定申し出に関する同意の申入れを行いました。県議会の議決を経て、県の同意を得られ次第、市長から総務大臣に指定の申し出を行います。

中核市の指定に向けた手続きが始まりました!

 中核市の指定を総務大臣へ申し出ることについて、市議会2月定例会に議案を提出し、令和2年3月6日(金曜日)に議決をいただきました。今後は、県議会の議決を経て県の同意をいただき、総務大臣へ指定の申し出を行います。

横断幕を設置しました!

 松本市が中核市への移行を目指していることを、市民の皆様に広く知っていただくため、市民課ロビー(東庁舎1階)に横断幕を設置しました。
 市役所にお立ち寄りの際は、ぜひご覧ください。


市民課ロビー横断幕

出前講座は、新型コロナウイルス感染拡大抑制のため、当面の間、中止といたします。

 再開時期については、決定次第お知らせします。

中核市の概要

中核市への移行に向けた取組み

外部リンク