保育園の入園のご案内

ページ番号:523-168-656

更新日:2017年4月3日

※「保育園」には、「認定こども園の保育園部分」が含まれます。

保育園とは

 保育園は、保護者が働いている、病気である、出産をひかえているなどの理由により家庭内で保育できないときに、保護者に代わってお子さんを保育する施設です。
 したがって、ご家庭で保育できるお子さんは、入園できません。

保育園に入園できるお子さんについて

 松本市に住民登録のあるご家庭のお子さんで、保護者が「保育を必要とする事由」に該当していることが必要です。保護者以外の同居している65歳未満のご家族がお子さんを保育することができる場合は、利用の優先度が調整されます。

保育を必要とする事由
種 類 具 体 的 内 容
就労 家庭内外で児童と離れて家事以外の労働をしている場合
(最低1カ月に16日、1日に4時間以上の労働をしていること。)
妊娠・出産 母親が妊娠中であるか、出産後間がない場合
 3歳未満:妊娠が分かったときから、出産月の翌月から数えて3カ月まで
 3歳以上:妊娠が分かったときから、出産月の翌月から数えて12カ月まで
疾病・障害 疾病や障害をお持ちである場合
同居親族の看護・介護 同居または長期入院している親族を常時看護・介護している場合
家庭の災害の復旧 震災等の災害の復旧に当たっている場合
求職活動・起業準備 求職活動や起業準備をしている場合
(家計の主宰者以外の保護者の求職・起業準備を理由に入園した場合は、就労証明書等の提出がない場合、最長1カ月までとします。また、同一年度中に同じ理由での再入園はできません。)
就学 家庭の外で就学している場合(職業訓練校等における職業訓練を含む。)
(最低1カ月に16日、1日に4時間以上の就学をしていること。)
虐待やDVのおそれ 児童虐待を行っている、または再び行われるおそれがあると認められる場合等
育休取得中で、既に保育を利用している児童の継続利用が必要と認められるもの 育児・介護休業法に基づく育児休業期間中で、既に保育を利用しているお子さんの継続利用が必要と市が認める場合(小学校就学を控えた4・5歳児(年中・年長児)等)
その他 上記に類するものとして市が認める場合
特別利用保育について
 保育を必要とする事由のないお子さんで、付近に幼稚園等がない場合などに、教育施設等の整備までの間に限り、一定の条件で保育園(認定こども園を除く)の利用が可能です。ただし、園の認可定員及びクラス定員に余裕がないときは、実施できません。
 【対象】4月1日現在満3歳に達しているお子さん
 【特別利用保育指定園】小宮、島内、新村、渕東、安曇、乗鞍、奈川の各保育園

支給認定について

 平成27年度からスタートした「子ども・子育て支援新制度」では、幼稚園や保育園等の利用をすることを「子どものための教育・保育給付」と位置づけられています。支給認定は、保護者からの申請により、この給付を受ける資格・区分・利用できる時間などを市が認定する仕組みのことです。保育園に入園するためには、保護者が「保育を必要とする事由」に該当し、保育園の利用が必要であることの認定を受ける必要があります。

認定区分とは

認定区分
認定区分 対象となる子ども 利用できる主な施設
1号認定
(教育標準時間認定)
満3歳以上の小学校就学前の子どもで、保育の必要性がない場合 幼稚園、認定こども園
2号認定(保育認定) 満3歳以上の小学校就学前の子どもで、保育を必要とする場合 保育園、認定こども園
3号認定(保育認定) 満3歳未満の小学校就学前の子どもで、保育を必要とする場合 保育園、認定こども園、地域型保育

保育必要量とは

 保育園を利用できる時間のことです。下記のとおり2種類あり、「保育を必要とする事由」等によって決まります。

  1. 保育短時間:1日最大8時間(午前8時30分~午後4時30分)の利用が可能
  2. 保育標準時間:1日最大11時間(午前7時30分~午後6時30分)の利用が可能

※ただし、延長保育の申請により、各園の開所時間を限度にそれぞれの認定時間を超えて利用することができます。

入園の手続き

4月の入園

 4月(年度当初)の入園については、毎年1月から市役所及び、市内数カ所で申込みの受付を行います。

5月以降の入園・転園

 保育課窓口で受付をします。 入園、転園を希望する月の前月15日を毎月の締め切りとし、翌月1日を入園日とします。

【退園】

 退園を希望する月の25日までに、通園している保育園に退園届を提出してください。

定員等を超えた場合の選考基準は

定員等を超えた場合は、下記の1から5の順位で選考して入園を承諾します。

  1. 第1希望児童
  2. 継続児童(新4・5歳児)
  3. 継続通園中の兄、姉がいる児童
  4. 保育の必要性の度合いの高い児童
  5. 保育料の低い世帯の児童

支給認定申請および入園申込に必要となる書類

  • 支給認定申請書 兼 保育所等入園申込書
  • 保育の必要性を証明するもの
  • 保育料を決めるための税額を証明するもの※松本市以外で課税されている方
    ※保育料は、家計の主宰者(原則としてご両親)の市民税額で算定します。

 申込書類は、保育課または各保育園にてお渡ししております。
 以下の書類を印刷して使用していただくこともできます。
 必要となる書類の詳細については、保育課へお問い合わせください。

保育の実施期間について

  • 最長小学校就学始期までとします。
     (保育料の納入に滞りのある場合は、適用外とします。)
  • 家計の主宰者以外の保護者の求職中を理由に入園した場合は、就労証明書の提出が無い場合、最長1カ月間までとします。
     (同一年度内に同じ理由での再入園はできません。)

保育料について

保育料の役割

  保育園の運営には、多額の費用がかかります。その一部を負担していただくのが保育料です。

保育料の納入方法

  • 直納による方法

 毎月20日頃、納入通知書を保育園を経由して送付しますので、月末までにお近くの金融機関に納入してください。(郵便局でも可)なお、10月からはコンビニエンスストアでの納入も可能になる予定です。

  • 口座振替による方法

 松本市内の金融機関に口座振替の手続きをしてください。毎月末日(ただし、12月は25日、土日・祝日の場合は翌営業日)に、ご指定の口座から引き落とします。(郵便局でも可)なお、引き落としができなかった場合のその月の保育料は、直納となります。
※認定こども園は、園へ直接納入していただきます。納入方法については各園へお問い合わせください。

保育料の詳細は下記リンクよりご覧ください。

特別保育とは

乳児保育

 原則として、5カ月経過児から受入れています。(ドン・ボスコ、和敬、山の子の各保育園及び、ささべ認定こども園では、2カ月経過児を受入れ)
 なお、年度の途中入園については、受入れ枠の関係から、希望する保育園に入園することが、大変難しくなっております。
【延長保育】
 ご両親の就労などの事情に応じ、決められた保育時間を延長して保育を行っています。

各保育園により、午前7時若しくは午前7時30分から

各保育園により、午後6時30分、午後7時もしくは午後7時30分まで
 延長保育が必要な場合は、入園決定後に保育園にある申込書に、必要事項をご記入のうえ、園長に提出してください。(1ヶ月単位での申し込みとなります。)
 申込の〆切は、毎月25日です。翌月の1日から延長保育を行います。延長保育にかかる保育料は、通常の保育料と合算して納入していただきます。

障害児保育

 保育園では、心身に障害を持ったお子さんも、健常のお子さんと一緒に生活し、一緒に遊ぶなかで伸びあう力をつけていただこうと、混合保育を行っています(障害の程度、保育園の状況により入園できない場合もあります)。家庭・保育園・専門機関が協力して、お子さんの保育をしていきます。
 「松本市障害児入所審査委員会」を設置し、入園の可否やお子さんをどのように保育したらよいか検討し、より適切な保育方法を考えています。入園申込みの際に、お申し出ください。
※下記の利用は事前登録・事前申込でお預かりしますので、直接お申し込みください。

一時預かり事業

 未就園児を持つ保護者が就労や傷病・入院などにより、一時的に家庭でお子さんを保育できない場合に、指定園または定員等に余裕のある園でお預りします(詳細は「一時預かり事業のご案内」をご覧ください)

休日保育

 休日に保護者が仕事・病気・冠婚葬祭等により家庭で保育できない場合(市内に居住する満1歳以上が対象)。

  • 松本市こどもプラザ

住所:筑摩1丁目13番22号 電話:29-3400

病児保育

 病気が回復していない幼児(生後5カ月から小学校3年生までで、市内に居住または保護者が市内に勤務している場合)

  • 相澤病院病児保育室

住所:本庄2丁目5番1号 電話:33-8600 内線7781

  • 梓川診療所病児保育室

住所:梓川梓2344番地1 電話:88-5681

病後児保育

 病気回復期の幼児(満1歳以上から就学前までで、市内に居住または保護者が市内に勤務している場合。

  • 松本市こどもプラザ

住所:筑摩1丁目13番22号 電話:29-3400

  • 南郷こどもプラザ

住所:横田3丁目23番1号 電話:32-6315

お問い合わせ

こども部 保育課

〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(東庁舎2階)

電話:0263-33-9856

FAX:0263-34-3236

この担当課にメールを送る