国保に加入するとき・やめるとき

ページ番号:149-130-263

更新日:2013年4月1日

国保に加入するときや、やめるときは、14日以内に市民課か支所・出張所に届け出をしてください。
加入の届け出が遅れると、保険税は加入の資格を得た月までさかのぼって納めなければなりません。その間にかかった医療費は一旦全額自己負担となります。また、やめる届け出が遅れると、保険税が二重払いになってしまうこともあるので、必ず14日以内に届け出ましょう。
注)下記届出には、本人を証明する公的機関発行の証明書(免許証、パスポート等)が必要です。
注)あがたの森文化会館、なんなんひろば、駅前会館、総合社会福祉センターでは取扱いができません。

加入する時
こんなとき 届出に必要なもの
職場の健康保険をやめたとき

職場の健康保険をやめた証明書
(離職票・資格取得及び資格喪失証明書など)

職場の健康保険の被扶養者から外れたとき

被扶養でなくなった証明書
(資格取得および資格喪失証明書など)

他の市区町村から転入したとき(職場の健康保険に加入していない場合)

他の市区町村の転出証明書
(転入の手続きをお願いします)

子どもが生まれたとき

保険証・母子健康手帳
(出生届をお願いします)

生活保護を受けなくなったとき 保護廃止決定通知書
外国人が加入するとき

松本市に住民登録があり、職場の健康保険に加入していない方
(手続きは日本人と同じ)

やめるとき
国保をやめるとき 届出に必要なもの
職場の健康保険に加入したとき 国保と職場の健康保険の両方の保険証
職場の健康保険の被扶養者になったとき

職場の健康保険証
(健康保険証が未交付の場合、加入したことを証明するもの)

後期高齢者医療制度の対象となったとき

75歳以上になって対象となったときは届出不要
75未満の社会保険などの被扶養者は届出が必要です。

外国人が出国するとき

保険証
(転出の手続きをお願いします。パスポートが必要な場合もあります)

他の市区町村に転出するとき 保険証(転出の手続きをお願いします)
国保の被保険者が死亡したとき

保険証、亡くなったことを証明するもの
(死亡届をお願いします)

生活保護を受けるようになったとき 保険証、保護開始決定通知書
その他
その他届出が必要なとき 届出に必要なもの

保険証を無くしたとき、汚れて使えなくなったとき

顔写真のついた身分を証明するもの
(運転免許証、パスポートなど)

就学のため、別に住所を定めるとき

保険証、在学証明書
(学生用保険証の手続きをお願いします)

就学が終了したとき

保険証、卒業証明書
(学生用保険証から一般保険証加入への手続きが必要となります)

市内で住所が変わったとき 保険証
世帯主の氏名が変わったとき 保険証
世帯が分かれたり、一緒になったとき

保険証
(住民異動の手続きをお願いします)

退職者医療制度の対象となったとき 保険証、年金証書

お問い合わせ

健康福祉部 保険課

〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(東庁舎2階)

電話:0263-34-3216

FAX:0263-39-2523

この担当課にメールを送る