このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

収蔵資料案内

ページ番号:203-804-857

更新日:2016年4月26日

収蔵資料紹介(一部)

枕時計 明治初期 高さ41センチ

 西洋式文字盤が使われ、明治の改暦前後に作られた和洋折衷の時計。文字盤の上には、二十四節気が刻まれた円盤が付き、時計回りで動いては立春・雨水・啓蟄…と表示されます。

四つ丸掛時計 明治中期 高さ54センチ

 太陽暦が普及し、これまでの和時計が実用的ではなくなると、アメリカ製の掛時計が日本で人気を博しました。これにともない、日本国内にも時計製造会社が増え、アメリカ製の掛時計を模倣した国産時計が次第に作られていきました。この時計は明治25年からボンボン時計の製造を開始した精工舎製の初期の時計です。

尺時計 江戸末期 高さ66センチ

 機械前面は西洋文字盤。下には割駒式文字板で、機械(天符)の動きと共に、白い文字盤の上を蝶の飾りが揺れます。

お問い合わせ

時計博物館
〒390-0811 長野県松本市中央1丁目21番15号
電話:0263-36-0969 FAX:0263-36-0973

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。