このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

プロフィール

ページ番号:773-275-696

更新日:2017年2月17日

どんなところ

松本の市街地から東へ車でおよそ15分。
ともすると見過ごしてしまいそうな細く静かな路地。落ち着いた風情の長屋門をくぐると、春には足元の可憐な花々、夏には林をすり抜ける涼やかな風、また秋には美しく色づく木の葉たちが、冬には雪のぼうしをかぶった道祖神が、訪れる人をあたたかくむかえてくれます。

創館者 丸山太郎

松本民芸館は、昭和37年(1962年)に、ちきりや工芸店の主人丸山太郎によって創館されました。無名の職人たちの手仕事で日常品に美を見出した「民芸運動」に心を寄せた太郎は、「美しいものが美しい」という言葉を残しています。その審美眼によって蒐集されたおよそ6,800点の民芸品は、今日も太郎の意志を引き継いで展示されています。

松本市立博物館分館へ

昭和58年(1983年)に、民芸館の土地と建物、丸山太郎の蒐集品は松本市に寄贈されました。平成4年に松本市立博物館の分館となり、平成15年春にリニューアルオープンして今日に至っています。

お問い合わせ

松本民芸館
〒390-0221 長野県松本市里山辺1313番地1
電話:0263-33-1569 FAX:0263-33-1569

本文ここまで

サブナビゲーションここから

松本民芸館

関連情報

  • ライブカメラ
  • 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。松本市立病院

このページを見ている人はこんなページも見ています

  • 情報が見つからないときは
  • よくある質問
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。