このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

プロフィール

ページ番号:761-682-099

更新日:2016年4月8日

窪田空穂(くぼたうつぼ)

窪田空穂

明治10年(1877)和田村(現・松本市)生まれ。本名・通治。太田水穂に刺激を受け短歌を作り始めました。空穂の歌の特徴は内省的な心情の機微を捉えた作風にあります。早稲田大学の教授になって、歌人・国文学者として後輩の指導にもあたりました。昭和33年(1958)文化功労賞を受賞。昭和42年(1967)東京で数え年91歳の生涯を終えました。

記念館のこと

窪田空穂記念館

平成5年6月、空穂の業績を称えるために生地に開館。空穂の作品や日本古典文学・短歌に関する資料を展示・紹介しています。

記念館の建物

建物内部

記念館の建物は建築関係の賞を受賞し、建築関係者の注目を集めています。

空穂生家

空穂生家

空穂の生家(本棟造り)は記念館の道路を挟んだ向かいにあり、明治8年の往時の姿のまま保存されています。

お問い合わせ

窪田空穂記念館
〒390-1242 長野県松本市和田1715番1号
電話:0263-48-3440 FAX:0263-48-4287

本文ここまで

サブナビゲーションここから

窪田空穂記念館

関連情報

  • ライブカメラ
  • 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。松本市立病院

このページを見ている人はこんなページも見ています

  • 情報が見つからないときは
  • よくある質問
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。