このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

松本市基幹博物館整備事業

ページ番号:313-799-018

更新日:2016年9月27日

 松本市基幹博物館整備事業は、松本まるごと博物館構想により、地域の基幹博物館・中核施設として位置づけられている、松本市立博物館を移転整備する事業です。
 松本市立博物館は、国指定史跡松本城の二の丸にあり、移転改築の必要性が指摘されてきました。開館から50年近くが経過し、施設の老朽化・狭隘化が進んでいる状況の中、平成28年6月、松本市営松本城大手門駐車場北側敷地一帯に移転改築することを決定し、整備に向け事業を進めています。

松本市基幹博物館整備事業の概要

主な経過

平成12年6月  松本まるごと博物館構想策定

平成20年3月  松本市基幹博物館基本構想策定

平成21年3月  松本市基幹博物館基本計画策定

平成28年1月  市議会教育民生委員協議会で、市立博物館の移転候補地を松本城三の丸地区内とすること、延べ床面積を7,000~8,000平方メートルとすることの了承を得る。

平成28年6月  市議会議員協議会で、松本市立博物館の建設予定地を松本市営松本城大手門駐車場北側敷地一帯とすることの了承を得る。

施設規模と概算事業費

施設規模       7,000~8,000平方メートル
概算事業費(※)   約100億円(用地費、建設・展示工事費等)
 ※ 施設規模の決定や建設工法等により増減します。

年度計画

平成28年度  松本市基幹博物館施設構想策定
平成29年度  基本設計
平成30年度  実施設計
平成31年度  建設等工事着手
平成33年度  建設等工事竣工
平成34年度  開館

平成28年度の事業の進め方

松本市基幹博物館施設構想の策定について

 松本市基幹博物館基本計画を前提として建築・展示の各基本設計を作成するにあたり、計画内容を具体化し必要となる諸条件の整理を行うため、松本市基幹博物館施設構想を、平成28年度末までに策定します。
 施設構想の策定にあたっては、基本計画に記載されていない、現施設が直面している問題や課題の解決や基本計画策定以後の状況の変化(建設予定地の決定等)の反映もあわせて行います。

施設構想策定の進め方

 市民の皆さまのニーズ(ご意見・ご要望)をお伺いしながら、松本市基幹博物館施設構想策定委員会を設置し、技術的な助言等をいただきながら、策定を進めます。
 施設構想策定委員会の会議要旨等は、会議開催後に随時更新してまいりますので、ご確認ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

松本市立博物館
〒390-0873 長野県松本市丸の内4番1号
電話:0263-32-0133 FAX:0263-32-8974

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。