このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

収蔵資料案内

ページ番号:829-391-498

更新日:2016年4月19日

中央図書館3階の収蔵庫

総収蔵点数(概数)

  1. 文書資料 約3万点
  2. 教科書類 約4万5千点
  3. 漢籍、往来物 約3千点
  4. 教師用図書 約2万点
  5. 特別寄贈本 約3千点
  6. その他 約5千点(物具・地図・掛図等)

資料の特徴

旧開智学校で収蔵している資料は大きく分けると、教育資料と建築資料の2分野からなっています。

教育資料

 江戸時代の往来物、明治初期の学校創設期資料、明治・大正・昭和の3代に使用した教科書、学校管理資料、日誌、卒業証書、教案、教材・教具、生徒作品、その他幼稚園関係資料などがあります。
教科書資料は、明治初期から明治検定期(明治19年から36年)のものが多く収蔵されています。また、漢籍・往来物はの多くは、松本藩校崇教館や筑摩県学の資料が引き継がれたためです。建築関係の資料28点が重要文化財附指定を受け入ています。

建築資料

 開智学校建設に関する資料28点が重要文化財附指定を受けています。
ほかにも色ガラス・把手などの資料資材、大工棟梁立石清重が記した明治初期の建築関係資料などがあります。

閲覧について

事前の相談・予約が必要となります。重要文化財旧開智学校校舎までご連絡ください。
※収蔵資料の内容は『所蔵資料目録』(全3巻)等でご確認いただけます。

お問い合わせ

重要文化財旧開智学校校舎
〒390-0876 長野県松本市開智2丁目4番12号
電話:0263-32-5725 FAX:0263-32-5729

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。