このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

プロフィール

ページ番号:756-314-059

更新日:2016年4月26日

松本市安曇資料館

安曇地区の生いたち

 松本市安曇地区は松本市の西部にあり、地区の西端には、槍ヶ岳、穂高岳、乗鞍岳など 3,000 m級の高山がそびえ、岐阜県(飛騨)との境をなしています。上高地、乗鞍高原、白骨温泉などの観光地をもつことでも知られています。
 江戸時代は、大野田(おおのた)村、島々(しましま)村、稲核(いねこき)村、大野川(おおのがわ)村の四つの村からなり、「入り四か村(いりよんかそん)」と呼ばれる杣(そま)の村でした。
 明治7年(1874年)9月、四つの村が合併して「安曇(あづみ)村」となりました。当初は江戸時代に引きつづき〈林業の村〉として出発しましたが、大正時代以降に相次いだ水力発電所の建設によって〈発電の村〉へと変貌し、次いで、多くの観光客や登山者を迎える〈観光の村〉となりました。
 平成 17 年( 2005 年)4月、安曇村は 130 年余に及ぶ歴史を閉じ、四賀村・奈川村・梓川村とともに松本市に合併して、あらたな一歩を踏み出しました。

安曇資料館の沿革

 当館は、昭和56年(1981年)11月、安曇村資料館として開館しました。この地に生きた人々の往年の生業や暮らしをしのび、あわせて、この地を訪れる多くの皆さんにもこの地の生いたちを知っていただけたら…という願いをこめた施設です。
 平成17年4月、安曇村の松本市への合併とともに、松本市立博物館附属施設「松本市安曇資料館」となりました。

お問い合わせ

安曇資料館
〒390-1504 長野県松本市安曇3480番地2
電話:0263-94-2134

〈休館中のお問い合わせ先〉
松本市立博物館
〒390-0873 長野県松本市丸の内4番1号
 電話:0263-32-0133 FAX:0263-32-8974

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安曇資料館

関連情報

  • ライブカメラ
  • 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。松本市立病院

このページを見ている人はこんなページも見ています

  • 情報が見つからないときは
  • よくある質問
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。