このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

歴民館第1室

ページ番号:347-902-369

更新日:2007年8月15日

第一室には、江戸時代の終わりから明治時代の初めごろまでの、勉強に使われたものが展示されています。

江戸時代の寺子屋(てらこや)風景

江戸時代の寺子屋(てらこや)風景

 江戸時代の寺子屋(手習い所〉の様子がわかります
 机に向かって、正座(せいざ)をして勉強していますね。
 寺子屋ではいつでも個別指導でした。

そろばん・机・篶敷物(すずしきもの)

そろばん・机・篶敷物(すずしきもの)

○梁上二珠(りょうじょうにしゅ)そろばん
 寺子屋で教授用として使われていました。
○寺子屋で使われた机〈桐(きり)製〉
 畳の部屋で子どもが使用した座机です。山辺学校や兎川学校で使用される前には、寺子屋で使われていたものと思われます。
○篶敷物(すずしきもの)
 美篶(みすず)細工〈すず竹を使った編物〉の一種です。
 校歌「山辺の里」にも歌われているように山辺学校でも校舎新築の頃は2階の大教場にはこの篶敷物(すずしきもの)が敷(し)かれ、全校集合の場所だったといわれています。

NHK「歴史誕生」で放映されたオルガン

NHK「歴史誕生」で放映されたオルガン

明治41・2年ころ製作されたヤマハ製のオルガンで、明治時代後半の西洋音楽普及(ふきゅう)に大いに役立ちました。現在でも演奏することが出来ます。

桐原(きりはら)学校の時計

桐原(きりはら)学校の時計

動き続けて1世紀、桐原学校以来の時計です。

お問い合わせ

教育文化センター
〒390-0221 長野県松本市里山辺2930番地1
電話:0263-32-7600 FAX:0263-32-7604

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。