このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

教育文化センター講演会を開催します

ページ番号:800-152-476

更新日:2021年9月19日

講演会開催に関するお知らせ

最近の新型コロナウイルスの状況に鑑み、以下のように実施します。ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

・講師とビデオ会議システムでつないで講演会を実施します。
・参加者の方には、教育文化センターで聴講して頂きます。
・講演会を中止とすることがあります。その場合は、HP及び電話等で参加者へ連絡いたします。
※講演会中はマスクの着用をお願いいたします。

講演会の概要

  1. 演題  天体衝突 
          ~小惑星が地球にぶつかる日~
  2. 講演のテーマ
    かつて、私たちの地球も遭遇した天体との衝突。
    その結果、大型の恐竜が多数絶滅したといわれています。私たち人類も恐竜たちと同じ運命をたどるのでしょうか。小惑星や彗星などの太陽系の小天体研究に携わる国立天文台 副台長 渡部 潤一先生より最新の状況も含めてお話しいただきます。
  3. 日時   令和3年9月26日(日曜日) 午後2時00分~3時20分 (開場 午後1時30分)
  4. 会場   松本市教育文化センター 視聴覚ホール(3階) プラネタリウム室ドーム(2階)
  5. 入場料  無料
  6. 対象   小学校高学年~成人 定員170名(先着)

 

講師 略歴

国立天文台
渡部 潤一   先生
(わたなべ じゅんいち)
大学共同利用機関法人 自然科学研究機構
国立天文台 副台長(総務担当) 上席教授
総合研究大学院大学 
数物科学研究科天文科学専攻教授

1960年 福島県会津若松市生まれ
1983年 東京大学理学部天文学科卒
1987年 東京大学東京天文台助手
1988年 東京大学にて学位取得(理学博士)
       国立天文台・光学赤外線天文学研究系・助手
1992年 総合研究大学院大学・数物科学研究科助手併任
1994年 国立天文台広報普及室長を兼務(2003年まで)
1998年 国立天文台天文情報公開センター助教授
2005年 国立天文台天文情報センター広報室長
2006年 国立天文台天文情報センター長
2008年 同アーカイブ室長(兼務)
2010年 同 広報室長
2010年 同 教授
2012年 副台長(総務担当)

研究内容
太陽系の中の小さな天体(彗星、小惑星、流星など)の観測的研究。特に彗星を中心に太陽系構造の進化に迫る。
天文学の広報普及活動にも尽力。

講演会の申し込み方法

  1. 定員について
    視聴覚ホールの定員90名に達し次第、同センター内2階プラネタリウム室ドーム内でのリモート聴講とさせていただきます。(80名)全定員170名を受け付け次第、締め切らせていただきます。
  2. 電話申込みの方
    受付開始は8月24日(火曜日)、締切は9月22日(水曜日)です。
    教育文化センター 電話0263-32-7600

※現在、プラネタリウム室ドーム内での聴講を受付けています(視聴覚ホールは定員に達しました)。
※残席わずかのため、インターネットからの申込みは受付けを修了しました。

お問い合わせ

教育文化センター
〒390-0221 長野県松本市里山辺2930番地1
電話:0263-32-7600 FAX:0263-32-7604

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。