このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

議案審議の方法

ページ番号:705-176-168

更新日:2008年4月10日

議案質疑の方法

 本会議に提出された議案を担当する委員会に付託する前に、不明な点などがあった場合に提出者に質問をすることを議案質疑と言い表しています。
 発言通告の期限は、招集日の翌日の正午です。ただし質疑前日の午後3時までの追加通告も認めています。
 なお、会期1日の臨時会の場合は、招集日前日(招集日前日が休日の場合は、直前の平日)の午後3時までに通告することとしています。
 発言の回数制限は3回で、時間制限はしていません。
 質疑の方法は、総括質疑制で、議案に直接関係すること以外のことや意見を述べたり、その意見に対する提出者の答弁を求めることはできません。

一般会計当初予算審査の方法

 歳入については、総務委員会に一括付託します(昭和39年までは予算特別委員会)。
 歳出については、各所管委員会に分割付託します。

特別会計、企業会計当初予算審査の方法

 各所管委員会に付託します。

当初予算説明会(勉強会)

 2月定例会招集日の翌日から3日間の日程で開催し、財政課長から詳細な説明を受けます。
 その後、質疑の機会を設けています。

補正予算審査の方法

 当初予算と同様ですが、予算説明会は開催していません。

決算審査の方法

 特別委員会を設置して審査を行います。
 一般会計は各部毎に審査し、特別会計と企業会計は各会計毎に審査をします。
 審査終了後、市長に対する総括質疑を行い採決をします。

決算審査日程

 9月定例会に決算議案を上程しますが、最終日に継続審査の議決を行います。
 その後の閉会中に4日間の日程で決算特別委員会を開催し、臨時会を開いて議決をします。

お問い合わせ

議会事務局
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(東庁舎3階)
電話:0263-34-3210 FAX:0263-34-9811

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。