このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成23年度 受賞作品

ページ番号:747-305-774

更新日:2016年3月28日

蔵の町に建つ町家【最優秀景観賞】

所在地 松本市中央3-6-8
所有者 北原 諭
設計者 庵設計室
施工者 (株)野田建設・作庭舎深山園(有)
 松本を象徴する蔵造りではなく、梁や漆喰、窓の造形、湧水をうまく使い、新しい松本の町家を表現したことを評価しました。
 正面からの圧迫感を下げるため軒高を低くし、屋根を瓦にし、出梁をアクセントに使うことで建物の表情を豊かにしています。植栽も量は多くないものの効果的に配置されているために建物と相まって魅力的な外観を作り出しています。格子戸の奥に中庭の芝の緑が見えるのも心憎いです。
 きめ細かなところまで配慮され、歴史的景観区域にふさわしい「蔵の町に建つ町家」という印象を受け、最優秀賞としました。

午後の喫茶くるみ【建築物・工作物部門賞】

所在地 松本市桐2-1222-1
所有者 長崎 静夫
設計者 (有)かわかみ建築設計室
施工者 (株)林友・作庭舎深山園(有)
 新しいものと古いものを融合して、松本らしいモチーフをうまくアレンジしたデザインとし、前庭を設け十分なオープンスペースを確保して、駐車場は芝生にする等、まちなみにみどり豊かな潤いのある景観を創出していることを評価しました。
 これからの住宅街での良い見本になると思います。

安藤法律事務所(看板)【建築物・工作物部門賞】

所在地 松本市蟻ヶ崎1-3-7
所有者 安藤 雅樹  安藤 絵美子
設計者 藤松建築設計室
施工者 (株)滝澤工務店
 ガラス・木などの素材を活かしたデザインは質が高く、景観を阻害せず周囲に溶け込むことにとどまらず、敷地全体を引き立てていることを評価しました。控えめですが、法律事務所として必要にして十分な広告物となっており、これからの看板のひとつのあり方として見本としたいものになっています。

小路のある家【建築物・工作物部門】

所在地 松本市平田西2-11-10
所有者 竹村 洋一
設計者 三楽 三原伸能
施工者 三楽 三原伸能
 スタンダードな住宅団地のスペースが限られている敷地で、さまざまな植栽をバランス良く配置しているところを評価しました。木々の輝きが鮮やかでよく手入れがされていると感じました。さらに、植栽の中に小路を工夫して設けることにより、奥行きと変化のある癒しの空間を演出しており、道行く人々に心地よい景観を提供しています。

旧野麦街道(上波田地区)【まちなみ部門賞】

所在地 松本市波田上波田13・14区地区
代表者 上波田地区まちづくり推進協議会
 古くから残っている屋敷と地域独自のさまざまな木塀などが織りなす昔の門前町の古き良きまちなみを保存し、修景していることを評価しました。今後、地域の方々の間で景観形成に対する共通認識をより一層高めて頂き、世代が交代してもこのすばらしい古きまちなみを守り育てて大切にしてほしいと思います。

沢村町会花づくりの会【奨励賞】

所在地 松本市沢村1-9付近
活 動 防災公園に対する地域の意識と安らぎの場づくり
 地域景観の維持向上のため住民が協力し合い活動しているところを評価しました。今後、会の活動エリアを防災公園という一つの点から町会へ面的に広げ、さらなるコミュニケーションの向上を図り、こうした活動が行われている他の地域に情報を発信していただきたく奨励賞としました。

安藤法律事務所(建物)【奨励賞】

所在地 松本市蟻ヶ崎1-3-7
所有者 安藤 雅樹  安藤 絵美子
設計者 藤松建築設計室
施工者 (株)滝澤工務店
 屋根を片流れ風にすることで量感を減じ、また木材をうまく利用し建物に柔らかさを出しているところを評価しました。植栽や駐車場の舗装にグリーンベルトを設けることにより柔らかいイメージにしていますが、沿道景観として建物と駐車場の連なりが途切れたように感じました。建物と駐車場の一体感が出るようになればと思い奨励賞としました。

梓川頭首工【奨励賞】

所在地 松本市安曇1938-20
所有者 農林水産省
設計者 (株)ジルコ
施工者 鹿島建設(株)関東支店
 松本には治山治水に必要な土木建造物が多くある中、ワークショップを開き地元住民の意見を空間整備に反映するなど、景観およびアメニティへの配慮をしていることを評価しました。
 石積み風護岸やダークブラウンに統一された安全柵などに景観への配慮を感じます。また、構造体は余計な装飾などを施さずに好ましいものでしたが、造形的にもまだまだやれる事は多く、今後必要な公共構造物を計画する際は、より高い景観意識で取組んでほしいと思い奨励賞としました。

お問い合わせ

建設部 都市政策課 都市デザイン担当
〒390-8620
松本市丸の内3番7号
松本市役所 本庁舎5階
電話:0263-34-3015 FAX:0263-34-3202

この担当課にメールを送る(新規ウィンドウが開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。