このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成20年度 景観賞受賞作品

ページ番号:192-536-622

更新日:2016年3月28日

最優秀景観賞

島立の家 【平成20年度最優秀景観賞】

 所在地 島立4675
 所有者 大久保 光夫
 設計者 山岸建築デザイン事務所
 施工者 松本土建(株)
 伝統的な松本の農家建築が現代風にアレンジされ、丹精かつ丁寧に造られ、さまざまなところまで気配りされています。建物は自然素材を上手く使い、落ち着いた雰囲気を作っています。昔の地主宅を思わせる、前庭の畑そして曲がり屋が、開放的でいて、田園集落によく調和し映えています。通常黒アスファルト舗装されがちなアプローチもカラー舗装により周りの風景に馴染んでいます。

建築物・工作物部門賞

石川医院(建築物)

 所在地 島立451
 所有者 石川 晶三
 設計者 (株)降幡建築設計事務所
 施工者 山共建設(株)
 前回(平成17年度)の講評を踏まえ、改修され、再応募して頂きました。そのことには委員一同感激しています。前庭の緑は樹種も含めて見直しされており、本当に素晴らしくなったと思います。訪れる患者さんにとってこの緑には薬の効果があると思いますので、郊外の医院建築の手本となってほしいと考えます。

小澤メンタルクリニック(建築物)

 所在地 浅間温泉1-16-23
 所有者 小澤 浩
 設計者 HAL設計室
 施工者 (株)小林創建
 建物、塀が道路に対して斜めに配置され、その結果できた塀と歩道との間の空間に植栽されたことにより、塀による閉鎖感・圧迫感がやわらぐ結果になったと思います。メンタルクリニックの性格上要求されるプライバシーを確保しながら、入り口付近では開放感を持たせており、うまくまとめていると思います。また建物自体の水平ラインがさわやかな印象を与えてくれています。

活動する家(建築物)

 所在地 筑摩1-22-12
 所有者 津野 隆久
 設計者 林建築設計室
 施工者 
   建築施工 (株)ダイワテック
   造園施工  作庭舎深山園(有)
 外構と建物のバランスのよい作品です。特に派手さはないものの、多種にわたる植物を上手く配置し、道路との境界に自然石を配した庭が、印象を柔らかくしています。建物、空間も大きなものを一塊にするのでなく、内部の空間に合わせて細かく建物を分けることで、ボリューム感が抑えられていると思います。この区画整理地の手本となり、緑豊かな住宅地が形成されることを望みます。

加藤製瓦(造園)

 所在地 和田3806-3
 所有者 加藤 芳美
 設計者 作庭舎深山園(有)
 施工者 作庭舎深山園(有)
 道行く人に心地よいイメージを与える空間に仕上がっています。伝統的な和風庭園でありながら、用いる素材に工夫をしてモダンを演出しています。土蔵とステンドグラスの意外な組合せがいいハーモニーを醸し出しています。

村山人形店(ファサード・看板)

 所在地 中央2-5-32
 所有者 村山 孝幸
 設計者 池原建築設計事務所
 施工者 (株)小林組
 密集商店街に立地する建物であることから、敷地全体に対してではなく、看板建築としてのファサードを高く評価しました。高砂通りのこれからのファサード改修の手本となることを期待します。松本市では、今年度屋外広告物条例を施行し、地域の景観を無視して大規模化そしてどんどん派手になっていく広告物を規制しようとしています。木彫りの看板をはじめ街路に面した設えは質が高く、今後商店街において整備される看板等の参考にすべきものであると評価しました。

まちづくり活動部門賞

松本のまちづくりを考える女の101人会議

 実質的な改善がされるような活動を地道にしかも一定レベルで20年も継続していることを高く評価いたしました。今後も松本の街がより素晴らしくなるためにも活動を続けてください。

お問い合わせ

建設部 都市政策課 都市デザイン担当
〒390-8620
松本市丸の内3番7号
松本市役所 本庁舎5階
電話:0263-34-3015 FAX:0263-34-3202

この担当課にメールを送る(新規ウィンドウが開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

平成20年度 受賞作品

関連情報

  • 情報が見つからないときは
  • よくある質問
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。