このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

かおり風景100選

ページ番号:631-364-694

更新日:2010年4月6日

環境省では、豊かななかおりとその源となる自然や文化、生活を一体として将来に残し伝えていくため、「かおり風景100選」を認定しました。
 応募は全国各地から600件の応募があり、長野県内からは松本市の「松本大名町通りのシナノキ」をはじめ、上松町の「赤沢自然休養林の木曽ヒノキ」、飯田市の「飯田りんご並木」、諏訪市・下諏訪町の「霧ケ峰の高原と風」が認定されました。

シナノキ

 シナノキは6月中下旬に淡黄色の花を咲かせ、強く甘いかおりが楽しめます。大名町通りには昭和48年に植樹され花の咲く時期以外にも歩行者に緑陰を提供しています。
 漢字では科木と書き、丈夫な樹皮の繊維を利用して作った科布を生産して朝廷に献上したという記録も残されています。シナノキはこの地方に多く自生しており、枝がよくしなることから「しなる木」と呼ばれ、さらに「科野の国」が転じて「信濃の国」となったと言われています。
 現在、用途は主に街路樹、シナベニヤなど合板、樹皮は布、船のロープ、紙などに使われています。

松本大名町通り

 大名町通りでは毎年8月第1土曜日にお祭り「松本ぼんぼん」が行なわれ、大名町通りは多くの人出で賑わいます。
 また、本市は花いっぱい運動発祥の地であり、大名町通りの入り口付近にその記念碑が建てられています。

かおり体験

 本市ではこどもエコクラブの事業の一環として樹木や草花などのかおりを体験し、地域のかおり資源に対する関心を促すことを目的として「かおり探検隊」を実施しています。左の写真の木はセイヨウシナノキです。
 今後も身近にあるよいかおりを再発見し、かおりに気付くことを通して、不快なにおいの改善や生活環境向上に取組んでいきたいと考えています。

お問い合わせ

環境部 環境保全課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(東庁舎4階)
電話:0263-34-3267

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。