このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

松本市「残さず食べよう!」推進店・事業所認定制度~すすめよう!30・10運動~

ページ番号:489-151-285

更新日:2017年5月25日

 すすめよう!30・10運動。
 食べられるにもかかわらず捨てられてしまう食品ロスを「もったいない」の気持ちで事業者と行政が協力して減らすことにより、本市における一般廃棄物の減少を図るため、食品ロス削減を推進する飲食店、宿泊施設等又は事業所等を「残さず食べよう!」推進店・事業所として認定します。

  • 推進店・推進事業所

 市で認定した推進店・推進事業所は、以下をご覧ください。

認定対象

  • 市内で営業を行う飲食店、宿泊施設その他食事を提供する施設
  • 市内に所在する事業所、団体

認定に必要な取り組み内容

 以下の内容に取り組む飲食店、宿泊施設等又は事業所等に対して、申請に基づき認定します。

飲食店、宿泊施設等(料理を提供する側)

 食事を提供するにあたって食品ロスが少なくなるような取組みを二項目以上推進

1 残さず食べよう!30・10運動の周知又は啓発
(例:残さず食べよう!30・10運動の啓発品を店内に設置、残さず食べよう!30・10運動をお客さんに呼びかける など)
2 プラチナメニューの提供
(例:「量」より「質」を重視したメニューをお客さんに提供、宴会等のコースの品目を減らすかわりに、高級な食材や地元産の食材を使って提供 など)
3 食べ残しの持ち帰りへの対応
(例:注意事項を説明した上で食べ残しを持ち帰りたいお客さんに対応、持ち帰り容器の提供 など)
4 小盛りメニューの提供
(例:ハーフサイズメニューや小盛りメニューの設定、ご飯の量を調節するなどの対応 など)
5 その他食品ロス削減に資する取組み
(例:野菜の茎や皮を使った料理の提供、捨ててしまうような不揃いな野菜の使用、食べ残しをしないような呼びかけ など食品ロス削減につながる取組みであれば何でも可能)

事業所等(料理をいただく側)

 事業所の宴会、会合で食品ロスが少なくなるような周知啓発や実践を二項目以上推進

1 残さず食べよう!30・10運動の実践
(例:幹事や司会者が30・10運動のアナウンスをして実践 など)
2 残さず食べよう!30・10運動又は食品ロスに関することについての事業所内における周知、啓発
(例:所内へのポスター掲示、所内の連絡で周知 など)
3 残さず食べよう!30・10運動の実践又は食品ロス削減に関する取組みについての事業所外への広報
(例:事業所のホームページや広報などで、30・10運動等の実践の紹介 など)
4 その他食品ロス削減に資する取組み
(例:事業所内における食品ロス削減キャンペーン、フードバンクへの食料の提供 など
食品ロス削減につながる取組みであれば何でも可能)


※残さず食べよう!30・10(さんまる いちまる)運動
 松本市では、「残さず食べよう!30・10運動」に取り組んでおり、食品ロス削減の取組みを推進しています。

認定を受けるには

 認定を希望する飲食店・宿泊施設等又は事業所等は、申請書に必要事項を記載し、市環境政策課へFAX、郵送又は直接お持ちください。
 環境政策課にて内容を審査したうえで、認定します。
 ※認定された推進店・事業所には、1~2月頃に当該事業に関してのアンケートにお答えいただきます。

提出先

 FAXで提出いただく場合:0263-34-0400 環境政策課 宛
 郵送で提出いただく場合:〒390-8620 松本市丸の内3番7号 環境政策課 宛
 直接お持ちいただく場合:松本市役所東庁舎4階 環境政策課 まで

申請期間

 申請は随時受け付けています。

申請に係る費用

 申請・認定に係る費用はありません。
(郵送やFAX等の申請に係る費用は申請者負担となります。)

認定内容の変更や辞退

 申請書に記載した内容に変更が生じた場合や認定を辞退する場合は、速やかに環境政策課までご連絡ください。

実施要綱

認定店舗のメリット

1 松本市ホームページ、市広報において店舗の紹介
2 啓発グッズの活用(ティッシュ、コースター、持ち帰り注意事項シール、看板、のぼり旗)
3 認定証による環境配慮店舗のアピール

長野県との連携

 長野県が実施する「食べ残しを減らそう県民運動~e-プロジェクト~」協力店制度との連携を図り、相互に協力して参画する店舗を増やしていきます。
 「食べ残しを減らそう県民運動~e-プロジェクト~」協力店にも登録を希望される飲食店等は、申請書にその旨を記載してください。

事業の実施にあたっては、長野県地域発元気づくり支援金を活用しています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

環境部 環境政策課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(東庁舎4階)
電話:0263-34-3268

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。