このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

危機管理・地域づくりに関するご意見・ご要望

ページ番号:680-108-113

更新日:2017年1月31日

【災害時の救援物資配布方法について】災害が発生する度に問題となるのが救援物資の配布方法です。松本市では非常用食糧の保管拠点や、配布時の対応などは決まっていますか?いざと言う時あわてないように、日頃から備えてください。

回答

 本市では、過去の経験を踏まえ、支援物資の受け入れから配送までを効率的に行うことができる体制つくりを進めています。指定避難所については市職員、その他の避難所については地域の自主防災組織から物資等の情報を収集し、適切な配布を実施します。また物資の保管については、各小中学校への備蓄倉庫整備を進めていく予定です。今後は起こりうる災害を想定し、より実践的な訓練を行うなど、災害に備えてまいります。

受付日 平成28年7月11日

担当課 危機管理課

【最優先で災害対策事業を】熊本地震がありましたが、松本市も他人事ではありません。松本市はほとんどが山間部で、地下に断層もあることから、日頃から地震対策を最優先で行うべきです。常に強い危機感を持って、迅速に災害対策を進めてください。

回答

 本市ではこれまでも、危機管理を市の最重要施策の一つとして掲げ、積極的に取り組んでまいりました。主な防災対策としては、公共施設の耐震化を最優先で進め、現時点で主な公共施設665棟のうち637棟の耐震化を完了しております。また山間部などの急傾斜地での災害を想定し、防災マップに土砂災害の警戒区域を示すなど、ソフト面での体制整備を進めております。今後はハード面整備も計画的に進めるなど、大規模災害に備えてまいります。市民の皆さまにおかれましても、「自分の命は自分で守る」という意識のもと、日頃から災害への備えをしていただきますようお願いします。

受付日 平成28年5月16日

担当課 危機管理課

【災害時の外国人対応について提案】熊本の被災外国人が、災害情報が日本語なのでよく理解できず不安だったという記事を新聞で読みました。災害時に備え、外国語のボランティアを市に登録する制度をつくってください。

回答

 外国語ボランティアの登録につきましては、災害時多言語支援センターの設置を検討する中で、併せて検討していく予定です。なお本市の災害時の外国人対応としましては、現在市のホームページの多言語化や、多文化共生プラザSNSでの情報提供を実施していますが、今後は指定避難所等でも、多言語での情報提供が行えるよう準備してまいります。

受付日 平成28年5月12日

担当課 危機管理課、人権・男女共生課

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

地域づくり部 市民相談課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(本庁舎1階)
電話:0263-33-0001 FAX:0263-36-6839

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。