このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

明治・大正 その1

ページ番号:324-066-332

更新日:2015年6月3日

松本高等女学校

松本高等女学校の写真

松本高等女学校、現在の松本蟻ケ崎高校。明治34年の開校で、建設地は田町裏と源池裏で対立し、県知事が来松して調停を行い、田町裏(北深志町蟻ケ崎)に決定したもので、この校舎が出来たのは、翌明治35年のことです。

松本城 

松本城の写真 

信濃八景として発行された絵ハガキの明治末から大正初年の頃と思われる松本城。

松本深志神社深志公園

松本深志神社深志公園の写真

鶴林堂書店が発行した絵葉書の深志神社。深志神社は女鳥羽川以南のかつての南深志町の総鎮守。対して北深志町は、岡の宮神社でした。

松本浅間温泉入口 

松本浅間温泉入口の写真 

明治末から大正の頃と思われる浅間温泉の入口。当時のジェントルマンたちが渡っているのは「浅間橋」ということになります。

地蔵清水 

地蔵清水の写真 

この一見ひろびろと見える通りは、今の市役所の前の通り。左手には、松本地区裁判所、右隅に建物が半分だけ見えるのは旧開智学校横へ移転した司祭館。当時は、地蔵清水町と呼ばれていました。  

お問い合わせ

政策部 広報課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(本庁舎3階)
電話:0263-34-3271 FAX:0263-34-3201

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。