このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成28年(2016)8月 第1回「山の日」記念全国大会

ページ番号:784-593-923

更新日:2017年3月22日

平成28年(2016)8月10日・11日 第1回「山の日」記念全国大会

 8月11日が、国民の祝日「山の日」になったことを記念し、第1回「山の日」記念全国大会が開催されました。
 「山に親しむ機会を得て山の恩恵に感謝する」日として、「山の日」の誕生を祝うとともに、山の魅力を世界へと発信しました。

オープニングセレモニー

 「山の日」前日の8月10日に、松本城公園でオープニングセレモニーが開催されました。
 第1回「山の日」記念全国大会実行委員会の会長を務める菅谷市長が、「子どもたちに山の未来を託していくため、山について考える日にしたい」とあいさつ。 
 今後、全国大会開催地に引き継がれる「山の日帽」が、環境省から手渡されました。

記念品贈呈の写真
オープニングセレモニー

記念式典

 8月11日に上高地バスターミナルの特設会場で、皇太子ご一家のご臨席の下、記念式典が開催されました。式典には、山に縁のある各国の大使や山岳団体の関係者など約400人が参加しました。
 皇太子さまは、あいさつで「多くの人が山に親しみ、その恵みに感謝するとともに、美しく豊かな自然を守り、次の世代に引き継いでいくことを心より願っています」と述べられました。
 また、安曇・奈川地区の小中学生6人が「『山と共に』未来への誓い」として、「子ども、お年寄り、体の不自由な人、海外からのお客さまも、みんな憩い、親しみ、楽しめる山、すこやかで豊かな暮らしの源である山を、未来へつないでいきます」と宣言しました。

記念式典であいさつされる皇太子さまの写真
記念式典であいさつされる皇太子さま。右端は雅子さま

記念式典の会場写真
上高地の会場は晴天でした

未来への誓いを述べる子どもの写真
「山と共に」未来への誓いを述べる子どもたち

祝祭式典

 上高地での記念式典終了後には、まつもと市民芸術館で祝祭式典が開かれました。
 山をテーマにしたバレエや合唱などが披露され、約800人の観客が「山の日」の喜びを分かちあいました。
 続いて、山の恩恵に感謝するスピーチが行われ、山にかかわる方々が、木や川、生物などに関する取り組みを紹介しました。
 また、来年の全国大会が開催される栃木県には、菅谷市長から「山の日帽」が手渡され、「山の日」記念全国大会の理念が引き継がれました。
 最後に、坪田副市長が山鐘を鳴らし、式典行事の閉幕を告げました。

「山の日帽」を栃木県へ渡す写真
「山の日帽」を栃木県へ渡す菅谷市長

山鐘をつく坪田副市長の写真
山鐘をつく坪田副市長

お問い合わせ

政策部 広報課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(本庁舎3階)
電話:0263-34-3271 FAX:0263-34-3201

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

平成28年(2016)

  • 情報が見つからないときは
  • よくある質問
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。