このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

昭和41年(1966) その1

ページ番号:879-495-205

更新日:2017年3月23日

町並(伊勢町1)

町並(伊勢町1の写真)

昭和40年代の伊勢町通り。昭和40年4月に道の両側の3mの歩道を付ける工事、翌年1月には、アーケードの工事に着手。歩道とアーケードが完成したのは41年9月のことでした。

町並(伊勢町2)

町並(伊勢町2の写真)

車がまだまだ少なかった時代の買物は徒歩が主流でした。買い物客を雨や直射日光から守るアーケードは伊勢町に限らず、全国の商店街で採用されていました。

町並(伊勢町3)

町並(伊勢町3)の写真

伊勢町のアーケードは当時「ダイヤモンドアーケード」と呼ばれ、伊勢町で買物をすると赤地に金色のデザインのキラキラ光るダイヤモンドスタンプがもらえました。

町並(本町)

町並(本町)の写真

昭和41年に完成した本町通り。車道11.4m、両側の歩道各4mとそれまでの2.2倍に道路が拡幅されました。先ごろ中央西土地区画整理事業が「21世紀の『人と建設技術』賞」を受賞しましたが、この本町の近代化事業も当時、建設大臣表彰を受賞しました。(昭和41年7月)

旧博物館

旧博物館の写真

昭和41年、解体直前の松本市立博物館。市立博物館のルーツは「明治三十七、八年戦役紀念館」。つまり、日露戦争での勝利を記念して明治39年に作られました。後に松本紀念館、松本記念館と呼ばれ、松本市立博物館と改称されたのは昭和27年のことでした。

お問い合わせ

政策部 広報国際交流課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(本庁舎3階)
電話:0263-34-3271 FAX:0263-34-3201

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。