このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

世界遺産登録推進事業

ページ番号:130-421-943

更新日:2015年10月14日

事業目的

   国宝松本城をさまざまな脅威から保護、保存し、次世代へ継承するため、世界遺産登録をめざしています。
  この前提となる国内の世界遺産暫定一覧表に記載されることを当面の目的とします。

事業概要

ア 普及啓発事業
  「国宝松本城を世界遺産に」推進実行委員会(平成13年7月設立。事務局:文化振興課、信濃毎日新聞社)が中心となって、世界遺産登録に向けての普及啓発に取り組んでいます。
  ・ 松本城検定クイズ、松本城親子見学ツアーの実施
  ・ 見学会及び講演会の開催
  ・ 松本城・旧開智学校写生大会、展覧会への協賛
イ 調査研究事業
  関係機関や専門家、他の城郭都市等と情報交換しながら、「顕著な普遍的価値の証明」等の学術研究を進めています。

主な経過

経過
年度 内容

平成13年度

「国宝松本城を世界遺産に」推進実行委員会の設立

平成18年度

国内暫定一覧表への記載をめざし、文化庁へ提案書を提出。「継続審議案件」となる。

平成19年度

再提案書と「姫路城を中心とした日本の近世城郭群」(シリアルノミネーション)の研究を進めることの検討状況報告書を文化庁へ提出

平成20年度

彦根市、犬山市との3市で「国宝四城近世城郭群研究会」を設置
文化庁世界遺産特別委員会ワーキンググループから「カテゴリーIb*」に該当という審議結果を受ける。
 *カテゴリーIb
  提案地方公共団体を中心に、当面、主題に関する学術的な調査研究を十分に行い、主題及びこれに基づく資産構成に関して一定の方向性が見えた段階で、関係地方公共団体により作業を進めるべきもの。

平成23年度

現存12城基礎調査を実施
「国宝四城近世城郭群研究会」を「(仮称)国宝四城世界遺産登録推進会議準備会」へ移行

平成25年度

国宝松本城天守普遍的価値の調査を実施(~26年度)
「国宝松本城を世界遺産に」推進実行委員会と共同で「世界遺産フォーラムin松本」を開催

今後の取組み

  今後予定される国内暫定一覧表への追加記載に向けて、国宝四城等でのストーリー(案)作成、提案書作成のための国内外の同種資産との比較研究を実施します。さらに、文化庁、長野県及び関係各市との連携を加速させるとともに、「国宝松本城を世界遺産に」推進実行委員会と連携し、市民挙げての取組みを広げます。

お問い合わせ

文化スポーツ部 文化振興課
〒390-0874 長野県松本市大手3丁目8番13号(大手事務所3階)
電話:0263-34-3293 FAX:0263-34-3018

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。