このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

市重要有形民俗文化財「松本城下町の舞台」が展示されます

ページ番号:732-009-648

更新日:2017年9月13日

平成24年 四柱神社神道祭「松本城下町の舞台」
平成24年 四柱神社神道祭「松本城下町の舞台」

10月2日(月曜日)、四柱神社例祭の神道祭に、「松本城下町の舞台」18基が勢ぞろいし、大名町通り及び松本城大手門枡形跡広場で絢爛豪華な姿が披露されます。
また、今年は第1回松本マラソンの開催にあわせて10月1日(日曜日)にも祭り舞台を5基展示いたします。
松本のたからであり、商都松本の歴史を物語るこれらの舞台に間近に触れることができる主な機会は、深志神社の天神祭とこの神道祭の展示だけです。各舞台には構造や装飾などそれぞれの特徴があり、町ごとの伝統に思いを馳せながらご覧いただくことができます。ぜひ、この機会に国宝松本城とあわせ、松本の歴史的風情をご堪能ください。

展示日時

平成29年10月1日(日曜日) 午前9時30分から午後7時00分まで ※5基展示
平成29年10月2日(月曜日) 午前8時から午後4時30分まで ※18基展示

展示場所

  • 松本城大手門枡形跡広場(1日・2日)
  • 大名町通り(2日)

「松本城下町の舞台」とは?

江戸時代、深志神社、岡宮神社の例祭の舞台は、松本町人の心のつながりの核として、また町人の心意気を示す「つくりもの」として大きな役割を果たしてきました。 
現存する舞台は、伝統を受け継ぎ、松本地方の歴史的変遷や特色を示すものとして、平成13年7月2日に18基(深志神社氏子16町会、東町2丁目町会、六九町会所有)が、市重要有形民俗文化財に指定されました。

お問い合わせ

教育部 文化財課
〒390-0874 長野県松本市大手3丁目8番13号(大手事務所3階)
電話:0263-34-3292 FAX:0263-34-3290

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。