このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

土木工事等のための発掘に関する届出書

ページ番号:801-791-938

更新日:2015年12月28日

遺跡内で工事を行なうことを、「周知の埋蔵文化財包蔵地における土木工事等のための発掘」とよびます。

土木工事等のための埋蔵文化財発掘の届出書(93条届出書)

遺跡内で盛土・掘削を伴う工事(建築工事・解体工事・造成工事など)を行うとき、文化財保護法第93条に基づく届出が必要です。
(松本市を経由して長野県教育委員会に届出をします)
下記の様式1・2に必要事項を記入し、添付書類を含めて2部作成、着工の60日前までに文化財課に提出してください。
着工日が近づいている場合は、埋蔵文化財担当までお問い合わせください。

様式1(A4判1枚)

  • モバイルではダウンロードできません。
  • 事業主の住所・氏名を記入し、押印します。

様式2(A4判1枚)


記入方法

  • 4 遺跡の名称―文化財課に確認、または空欄のまま提出。
  • 遺跡の現状―地目ではなく現況。
  • 5 工事の目的―該当箇所に丸印。
  • 工事の概要 記入例

「鉄筋コンクリート3階建、地下1階」「基礎深さ50cm」
「浸透枡2基」「50cmの盛土」「一部切土あり」
「表層改良50cm」「柱状改良φ25cm×20本」

  • 6 工事主体者―届出者と同じ。事業主。申請代理人・連絡先も記入。
  • 7 施工責任者―元請・下請、連絡先を記入。未定はその旨記入。
  • 8 着手予定時期―着手日が迫っている場合は、文化財課までお問い合わせください。

添付書類

予定地の地図と、工事の概要を示す書類・図面(A4判~A3判程度)で、具体的には次の書類を添付してください。

  • 位置図(案内図)、配置図、公図(写し)、現況図
  • (建設工事)立面図、矩計図、基礎伏図、基礎構造図
  • (造成がある場合)造成平面図、縦横断図
  • (解体の場合)既存建物の配置・規模が分かる図面・写真等

掘削や盛土に関する図面は可能な限りそろえてください。

長野県ホームページ内の関係様式

事業地が遺跡に該当するかどうかのお問い合わせは

事業地が遺跡の範囲に該当するかどうかは、文化財課で管理する「遺跡地図」をもとに判断をします。
電話またはファックスで埋蔵文化財担当、または文化財担当へお問い合わせください。
(詳細なお問い合わせは埋蔵文化財担当まで)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ先

教育部 文化財課 埋蔵文化財担当
郵便番号390-0823 松本市中山3738番地1 松本市立考古博物館内
電話:0263-85-7064 FAX:0263-86-9189

教育部 文化財課 文化財担当
郵便番号390-0874 松本市大手3丁目8番13号 大手事務所3階
電話:0263-34-3292 FAX:0263-34-3290

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。