このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

木造男神坐像(前鉢伏神社伝来)

ページ番号:127-066-928

更新日:2020年5月1日

もくぞうだんしんざぞう(まえはちぶせじんじゃでんらい)

指定等区分   松本市重要文化財
指定年月日   令和2年3月27日
種別      彫刻
所在地     松本市内田2573
所有者     牛伏寺
時代区分    平安時代

古代信仰の現れ

本像は、平安時代後期(12世紀)制作と推定される神像で、像高は56.6センチメートル、品質は木造彫眼素地です。元々は、鉢伏山頂にある鉢伏神社の里宮として信仰されてきた前鉢伏神社(松本市内田と塩尻市片丘南内田の共有林内)に安置されていました。
本像は、すでに松本市重要文化財に指定されている牛伏寺の4躯の神像のうち、大小の女神像との類似点が多く、特に女神像(大)と本像は同作者による造像と考えられます。また保存状態の共通点から、ある時期には女神像と同じ環境に置かれていたとも考えられ、その後前鉢伏神社に移された経緯など、牛伏寺の神像群全体の信仰を考えるうえで貴重な資料となります。


松本市重要文化財に指定されている牛伏寺所蔵の神像

お問い合わせ

教育部 文化財課
〒390-0874 長野県松本市大手3丁目8番13号(大手事務所3階)
電話:0263-34-3292 FAX:0263-34-3290

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

重要文化財(美術工芸品)

このページを見ている人はこんなページも見ています

  • 情報が見つからないときは
  • よくある質問
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。