このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

洞光寺紙本著色釈迦涅槃図

ページ番号:729-129-846

更新日:2018年10月1日

(読み方)とうこうじ しほん ちゃくしょく しゃかねはんず

  • 指定等区分 松本市重要文化財
  • 指定年月日 平成20年12月22日
  • 種別 絵画
  • 所在地 松本市刈谷原町692
  • 所有者 洞光寺
  • 時代区分 江戸時代

拝む者に安らぎを感じさせる涅槃図

釈迦涅槃図(しゃかねはんず)は、釈迦の入滅(にゅうめつ 亡くなること)の様子を絵画にしたものです。この涅槃図は、縦213.0cm 横131.5cmの大きさで、裏面に「文政十一年戊子星 洞光寺什物現住法印弘了代梅月國英謹写」と記されており、文政11年(1828)に、梅月國英により製作されたものとわかります。残念ながら、この画工の来歴は詳しくわかっていません。
画面中央に、宝座に横たわる釈迦の姿が描かれ、その周囲に、別れを嘆き悲しむ人々の姿が描かれています。通例の類型化された涅槃図ですが、大型の部類に入り、色彩は時代を経たため、やや精細を欠いていますが、細部にこだわらないのびのびとした描法や、落ち着いた彩色は、拝む者に安らぎを感じさせます。
なお、洞光寺には県宝に指定されている絹本著色真言八祖像もあります。

お問い合わせ

教育部 文化財課
〒390-0874 長野県松本市大手3丁目8番13号(大手事務所3階)
電話:0263-34-3292 FAX:0263-34-3290

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

重要文化財(美術工芸品)

このページを見ている人はこんなページも見ています

  • 情報が見つからないときは
  • よくある質問
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。