このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

戸田家伝世の甲冑

ページ番号:132-493-982

更新日:2018年9月28日

(読み方)とだけ でんせい の かっちゅう

  • 指定等区分 松本市重要文化財
  • 指定年月日 平成7年4月28日
  • 種別 工芸品
  • 所在地 松本市丸の内4-1(松本市立博物館)
  • 所有者 個人(松本市寄託)
  • 時代区分 江戸時代

藩祖康長着用の当世具足

「熊皮の冑(よろい)」といわれるこの甲冑は、戸田家に代々伝世したもので、戸田康長着用の当世具足と伝えられます。昭和61年(1986)3月、戸田家当主戸田英冠氏から松本市へ寄託されたものです。
具足は次のものから成ります。

  • 冑…熊の毛皮使用、脇立、前立、吹返しに六星紋
  • 頬当…黒漆塗り、髭(ひげ)あり
  • 胴…前胴、後胴、草摺(くさずり)、杏葉(ぎょうよう)に六星紋
  • 袖…化粧板、笄(こうがい)金物に六星紋
  • 籠手(こて)…皺籠手(しわこて)、手甲に六星紋
  • 佩楯(はいだて)…鎖佩楯、六星紋付
  • 臑当(すねあて)…篠(しの)臑当

初代からの伝世の甲冑として、戸田家で最も大切にされてきた具足です。
戸田家伝来の資史料のうち工芸品は少なく、この甲冑はその中で秀逸なもののひとつです。松本戸田家初代康長が着用したという伝承にふさわしく、各所に戸田家の家紋・六星紋が配され、この地方の文化史上において特に貴重なものです。
現在は、松本市立博物館の常設展示室で一般公開されています。

お問い合わせ

教育部 文化財課
〒390-0874 長野県松本市大手3丁目8番13号(大手事務所3階)
電話:0263-34-3292 FAX:0263-34-3290

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

重要文化財(美術工芸品)

このページを見ている人はこんなページも見ています

  • 情報が見つからないときは
  • よくある質問
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。