このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

松竹梅と桐紋蒔絵の女乗物

ページ番号:951-859-673

更新日:2018年10月1日

(読み方)しょうちくばい と きりもん まきえ の おんな のりもの

  • 指定等区分 松本市重要文化財
  • 指定年月日 平成7年(1995)4月28日
  • 種別 工芸品
  • 所在地 松本市丸の内4-1 松本市立博物館
  • 所有者 松本市
  • 時代区分 江戸時代

城主の奥方が使用したものか

 この女乗物は戸田家に伝来したもので、昭和61年(1986)3月、現在の戸田家の当主英冠氏が松本市へ寄附したものです。
 引戸を横にひき、屋根の一部をはね上げて出入りする構造で、屋根は唐破風(からはふ)です。窓には御簾(みす)と紫房をかけています。内部は折上げの格天井(ごうてんじょう)で、中の金地には草花木が描かれています。
 乗物自体と長柄は錆(さび)色に梨地の漆塗りで、蒔絵(まきえ)の松、竹、梅と大きな五三(ごさん)の桐紋が散らしてあります。城主の奥方などが使用した乗物と推定されます。

 戸田家伝来の資史料のうち工芸品は少なく、この女乗物はその中でも秀逸なものの一つです。縁辺や隅に飾り金具や細工物を打った華麗な大名道具からは威厳と格式が漂い、この地方の工芸史・文化史上において特に貴重なものです。
 現在は、松本市立博物館の常設展示室で一般公開されています。

お問い合わせ

教育部 文化財課
〒390-0874 長野県松本市大手3丁目8番13号(大手事務所3階)
電話:0263-34-3292 FAX:0263-34-3290

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

重要文化財(美術工芸品)

このページを見ている人はこんなページも見ています

  • 情報が見つからないときは
  • よくある質問
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。