このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

真言宗祖師像

ページ番号:279-566-235

更新日:2019年12月13日

(読み方)しんごんしゅう そしぞう

  • 指定等区分 松本市重要文化財
  • 指定年月日 平成23年3月22日
  • 種別 彫刻
  • 所在地 松本市波田6011
  • 所有者 盛泉寺じょうせんじ
  • 時代区分 室町時代

古刹若澤寺にゃくたくじの歴史を伝える祖師像2体

 弘法大師はわが国真言宗の開祖で、平安時代初期の僧です。また、興教大師は新義真言宗の開祖で、平安時代後期の僧です。いずれもわが国真言宗の祖師として、真言宗寺院にそろって祀られることが多くあります。
 波田地区の盛泉寺にある水澤観音堂には、この弘法大師、興教大師2体の像が安置されています。弘法大師坐像は、右手に金剛杵、左手に数珠をもち、興教大師坐像は、納衣中で組手をする姿に現わされています。ともに像高40cmで檜材の寄木造で、豊かな体躯に穏やかな面相をしています。
 元々、2体は松本地域を代表する真言宗の古刹・若澤寺にありましたが、廃仏毀釈で若澤寺が廃寺となり、盛泉寺に移されました。若澤寺の堂塔・什物(じゅうもつ)の多くは、盛泉寺のほか、正覚院(今井地区)、恭倹寺(梓川地区)など松本平の他の寺院に移り、現在、若澤寺のあった跡は松本市特別史跡に指定されています。

お問い合わせ

教育部 文化財課
〒390-0874 長野県松本市大手3丁目8番13号(大手事務所3階)
電話:0263-34-3292 FAX:0263-34-3290

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

重要文化財(美術工芸品)

  • 情報が見つからないときは
  • よくある質問
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。